経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

「レオン・ワルラス、ノーベル賞に自薦していた?」

今年度(2013年度)のノーベル経済学賞(正式名称はアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)は「資産価格の動向に関する実証的な分析」への貢献を称えて、ファーマ(Eugene F. Fama)、ハンセン(Lars Peter Hansen)、シラー(Robert J. Shiller)の三氏に授与されたわけだが、実は一般均衡理論の生みの親であるあのレオン・ワルラス(Leon Walras)がノーベル賞に自薦していた事実があることをご存知だろうか?

「ちょっと待て」と経済学の歴史に少々詳しい人なら口を挟みたくなるところだろう。というのも、ワルラスが没したのは1910年のことであり、ノーベル経済学賞が創設されたのは1968年(受賞が開始されたのは翌年の1969年から)のことである。自分の死後半世紀以上も経ってから創設された賞に自薦することなど物理的に無理ではないか、と。その通りである。しかし早とちりしてはいけない。ワルラスが自薦したのはノーベル賞とは言ってもノーベル経済学賞ではなくノーベル平和賞なのである。

この興味深いエピソードはAgnar Sandmoによる次の論文で詳細に紹介されている。

●Agnar Sandmo, “Leon Walras and the Nobel Peace Prize(pdf)”(Journal of Economic Perspectives, Vol.21, Number 4, Fall 2007, pp.217–228)

ノーベル賞はアルフレッド・ノーベルの遺言をもとにして1895年に創設され、ノーベル経済学賞を除く各賞(物理学、化学、医学生理学、文学、平和)の授与はワルラスが存命中の1901年から開始されている。ノーベル平和賞は「国家間の友愛関係の促進、常備軍の廃止・縮小、平和のための会議・促進に最も貢献した人物」を対象にノルウェー・ノーベル委員会がその選考を行っている。ワルラスがこのノルウェー・ノーベル委員会に対して自らを候補にするよう自薦の手紙1  を送ったのが1905年のことである(しかしながら、手紙を送った時点で既にその年の受賞候補者は絞り込まれており、ワルラスが候補として選考の対象となるのは翌年の1906年のことであった2 )。

さて、ここで一番気になることは、ワルラスがどういった理由で自らのことを「国家間の友愛関係の促進、常備軍の廃止・縮小、平和のための会議・促進に最も貢献した人物」であると見なしていたのだろうか? ということだろう。ワルラスのような数理経済学者がノーベル平和賞を受賞するにふさわしい人物であるとなぜ言えるのだろうか?

自由貿易を「科学的・理論的」な観点から正当化することで自由貿易の推進に貢献したから、というのがワルラスの答えである。自由貿易は「国家間の友愛関係」を促進する役割を果たすものであり3 、それゆえ自由貿易の正当性を理論的に明らかにした自らの業績はノーベル平和賞を受賞するにふさわしい、と考えたわけである。Sandmo論文(pp.220)から引用しよう(以下は拙訳)。

メモランダム4 には次のように書かれている。国家間の友愛関係の維持・促進に貢献する手段の中でも最も強力なものはおそらく(国際)貿易の自由化 (“libre e´change international”)である。メモランダムではなぜそう言えるのかについて詳しくは書かれていない。貿易の自由化(自由貿易)が国家間の友愛関係の維持・促進につながるのは自明だとメモランダムの執筆者はおそらく考えていたのだろう。メモランダムでは引き続いて自由貿易が持つ他の利点がリストアップされている。例えば、自由貿易はすべての国家に対して広範な財へのアクセスを可能にする。自由貿易は戦争の抑制だけではなく、飢餓の抑制にもつながる等々。そしてメモランダムでは次のように結論付けられている。自由貿易の促進に向けた努力はノーベル平和賞の精神に完全に合致したものであることに何らの疑いもない、と。

自由貿易の促進に向けた試みには2通りの手段がある、とメモランダムは語る。そして次のような議論が続く。まず一つ目の手段は実際的なアプローチ(practical approach)と呼べるものであり、自由貿易の妨げとなっている障壁を実際に取り除く作業である。二つ目の手段は理論的な(あるいは科学的な)アプローチと呼べるものであり、その関心は自由貿易の働きを研究する中で持ち上がってくる厄介で複雑な疑問を紐解くことに置かれる。現状では自由貿易の理論を支える科学的な基礎が欠けていることを考えると、二つ目の科学的なアプローチこそが何よりも重要である。

しかし、自由貿易の擁護に向けて努力を傾けたのはワルラス一人だけに限られるわけではない。その他にも多くの経済学者が自由貿易の促進を唱えており、また理論的なアプローチに基づいて自由貿易を正当化した経済学者も少なくない。ワルラスとその他の経済学者との違いはどこにあるのだろうか? ワルラスの独自性についてメモランダムでは次のように語られている(以下はSandmo論文のpp.220からの引用)。

一体何が自由貿易を妨げているのだろうか? この点についてメモランダムは次のように主張する。保護関税にばかり注目が寄せられる傾向にあるが、自由貿易の妨げとなっている障壁としては物品税もまた同じくらい重要である。例えば、イギリスでは茶や砂糖、タバコ、ワインなどに税金が課されているが、そういった物品税も自由貿易を阻害する要因である。しかし、コブデン(Richard Cobden)やブライト(John Bright)といった自由貿易推進論者はほとんどこのことに気づいていない。自由貿易を促進するためには関税だけではなく物品税も撤廃されねばならないのである。しかしながら、この政策提案は次の2つの質問に答えるための理論を必要とする。

  1. 物品税も関税も撤廃した場合、政府はどのようにして収入(歳入)を確保することができるだろうか?
  2. 産業や一国全体の富に損害をもたらすことなしに関税を撤廃することは可能だろうか?

メモランダムはためらうことなく次のように主張する。ワルラスの研究はまさにこれらの質問に答えることに向けられてきたのである。とは言っても、ワルラスの研究は40年もの長きにわたって続けられており、新しく創設されたばかりのノーベル賞を意識して研究に携わってきたわけではない。彼の研究は「社会経済的な問題」(“social economic question”)に対して科学的な解決策を見出すという目的だけに突き動かされてきたわけだが、思いがけなくも自由貿易を巡る問題に対する解決策も見出す格好となったのである、と。

物品税や関税に頼ることなしに政府が収入を確保する手段としてワルラスが提案したのがかの有名な「土地の国有化」提案(土地からの地代で政府予算を賄う)であった(Sandmo論文のpp.220~221)。

まとめるとこういうことである。「国家間の友愛関係の促進」(言い換えれば世界平和の達成)にとって自由貿易は必要不可欠である。ワルラスは自由貿易を理論的・科学的な観点から正当化することで世界平和を支える科学的な基礎を提供したと言える。そればかりではない。「真の」自由貿易を推進するためには関税だけではなく物品税も撤廃する必要があるが、ワルラスは科学的な態度に徹することでそのことに伴う問題-政府の収入をいかにして確保すればよいか-にも気づき、その問題に対処するために彼なりの政策提案-「土地の国有化」―まで行っている。ワルラスはノーベル平和賞に十分値する人物だ、というわけである。

さて、ノルウェー・ノーベル委員会の選考結果はどうだっただろうか? 残念ながら(?)、1906年のノーベル平和賞は「日露戦争の停戦を仲介」した功績を称えてセオドア・ルーズベルト大統領に授与されることになった。ワルラスはその後もノーベル平和賞の受賞にこだわりノルウェー・ノーベル委員会にさまざまな形でアプローチし続けたものの、過去の受賞者リストを見れば一目瞭然のように、ワルラスにノーベル平和賞が授与されることはついになかったのであった。

ワルラスは不運だったと言えるのかもしれない。というのも、場合によっては自薦などせずともノーベル賞を授与されていたかもしれないからである。とは言っても、ノーベル平和賞ではなくノーベル経済学賞を、だが(以下はSandmo論文のpp.228からの引用)。

仮にノーベル経済学賞が他の賞と同時に創設されていたとすれば、ワルラスはノーベル経済学賞の最初の受賞者候補の一人となっていたことは疑いないだろう。しかしながら、ノーベル経済学賞―アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞―が初めて授与された時(1969年)にはワルラスが没してから既に半世紀以上が経過していたのであった。

  1.  自薦というのは正確ではない(そもそもノーベル賞には自薦できない決まりとなっている)。Sandmo論文でも語られているように(pp.218~219)、「私のことをノーベル平和賞に推薦してくれないか」とかつての大学の同僚に持ち掛けたというのが本当のところである。そして、ワルラスの依頼を受けて同僚らが連名でノルウェー・ノーベル委員会にワルラスを推薦する手紙を送ったのであった。しかし、事実上は自薦と言ってよいだろう。  []
  2.  Sandmo論文のpp.221を参照。  []
  3.  自由貿易が世界平和にプラスに働くという議論は古くからあるものでそのヴァリエーションはいくつかあるが、例えばモンテスキューにちなんで「温和な商業」仮説(doux-commerce thesis)と呼ばれる考え方などがある。詳しくは、Sandmo論文のpp.226~227を参照。  []
  4.  訳注;推薦状に同封された手紙。メモランダムの草稿はどうやらワルラス自身が執筆したもののようだとのこと。Sandmo論文のpp.219を参照。  []

コメントを残す