経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック「税の死荷重ってなに?」

Alex Tabarrok “Popularizing Deadweight Loss” (Marginal Revolution, October 29, 2010)


読者の一人であるインディが、死荷重について一般に知らしめてほしいと言ってきた。ということで課税による死荷重について話をしよう。

ニューヨークへ旅行したいと自分が考えていると想像してみてほしい。この旅行の自分にとっての価値は50ドルで、バスのチケット代は40ドルだ。旅行するかい?

答え:する。旅行の価値(50ドル)はチケットの費用(40ドル)を上回るから、君はニューヨークへと旅立つ。

この旅行から得られる消費者余剰(差引での価値)はどれだけだろうか。

答え:50ドル-40ドル=10ドル

政府がバスのチケットに課税を行って、チケットの価格が60ドルに上昇した。旅行するかい?

答え:しない。旅行の価値はいまやチケットの価格よりも少ない。

税金がなかったときに得ていた10ドルの消費者余剰はどうなったか。

答え:旅行することがないので消えてなくなった。

政府は税収を得たのだろうか。

答え:得ていない。

つまり?:消費者は余剰を失う一方で、政府は行われない旅行から税収を得ることはない。

まとめ:死荷重とは、税金のせいで行われなくなった旅行(取り引き)の価値である。


Comments

  1. やっぴー says:

    ものすごく分かり易く、一回読んだだけで理解できました。本当にありがとうございます。

コメントを残す