経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック「NASAが経済学者を募集してるぞ」

Alex Tabarrok “NASA is Looking for a Few Good Economists” (Marginal Revolution, June 11, 2014)


NASAが宇宙探索の経済学研究を募集している。

この研究公告では、実証経済学研究計画、歴史上の類例研究、宇宙における更なる経済活動を促すための構想の他、新たな民間及び営利宇宙利用や、準軌道、軌道、あるいは深宇宙といった新規発見、開発、応用を可能とする環境における民間及び営利活動能力を促進する、奇抜で刺激的な活動を募集しています。

詳細な関心項目は次のようなものがある。

  1. 以下の分野における経済史研究
    • NASAによるプログラムの経済史
    • 長期で見た宇宙プログラムの歴史的影響
    • アメリカの民間宇宙事業(企業、団体、計画を含む)の経済史及び商業史
    • 歴史上の宇宙探索類似活動の経済史(探検、開拓、輸送インフラ計画の資金調達に関する詳細な調査を含む)
  2. 以下の分野における、現在及び近い将来のにおける傾向、アメリカの宇宙開発を加速させるための分析及び構想
    • 非伝統的な商業主体活用のための、市場メカニズム、民間部門連携、拡大しつつある市場の利用
    • 雇用創出、労働力開発、世界の宇宙市場におけるアメリカの指導力の維持などをはじめとした、公共ないし経済便益のためのより幅広い宇宙利用の促進
    • 宇宙活動に対して、シチズン・メーカー1 やクラウド・ファンディング出資者、シチズン・エクスプローラー2 や、将来の民間及び商業宇宙開発に変革を促す効果をもたらすような非伝統的部門からのイノベーターの参加の宇宙活動への関わりの促進
    • グローバル化した経済制度と地球システム科学の統合モデル化といった、地球規模の経済分析への宇宙制度設計の経済学的応用の見極め及び評価
    • NASAあるいは宇宙の商用利用に携わる国民へ影響を及ぼす、競争圧力や公的便益の可能性、その他事項の検証
    • 急速に成長する国家的ないし国際的な企業家宇宙コミュニティが切り開く機会についての観察、調査、報告
    • 宇宙構造物についての経済学的な評価手段や方法の適切さの評価
    • 宇宙における経済開発の機会や障害についてNASAに参考となる、宇宙開発計画の事例研究の実施
  3. 軌道上及び深宇宙の開発、月開発、小惑星開発、火星開発における経済学、システム解析、予測
  1. 訳注;民間(特に企業以外)で宇宙関連のもの(衛星など)を作る人たちのことと思われる。 []
  2. 訳注;民間(特に企業以外)で宇宙探索をする人たちのことと思われる。 []

コメントを残す