経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「夫も妻もノーベル賞受賞者」(2015年2月14日)

●Alex Tabarrok, “Valentine’s Day Nobel Puzzle”(Marginal Revolution, February 14, 2015)


バレンタインデーのクイズだ。夫も妻もともにノーベル賞を受賞している夫婦がこれまでに5組存在する。どの夫婦かわかるだろうか?

ヒントを一つ。5組の夫婦のうち4組は共同でノーベル賞を受賞している。残りの一組の夫婦はお互いに別々でノーベル賞を受賞しており、どちらか一方はノーベル経済学賞の受賞者だ1

  1. 訳注;共同受賞組の4組の夫婦は、ピエール・キュリー&マリ・キュリー夫婦(1903年度ノーベル物理学賞;アンリ・ベクレルを加えた3名での共同受賞)、フレデリック・ジョリオ=キュリー&イレーヌ・ジョリオ=キュリー夫婦(1935年度ノーベル化学賞;ちなみに、イレーヌ・ジョリオ=キュリーはピエール・キュリー&マリ・キュリー夫婦の間に生まれた娘)、カール・コリ&ゲルティー・コリ夫婦(1947年度ノーベル生理学・医学賞;バーナード・ウッセイを加えた3名での共同受賞)、エドバルド・モーセル&マイブリット・モーセル夫婦(2014年度ノーベル生理学・医学賞;ジョン・オキーフを加えた3名での共同受賞)。残りの一組(夫と妻がお互いに別々でノーベル賞を受賞しているケース)はグンナー・ミュルダール&アルバ・ミュルダール夫婦。夫のグンナー・ミュルダールは1974年にフリードリヒ・ハイエクと共同でノーベル経済学賞を受賞しており、妻のアルバ・ミュルダールは1982年にアルフォンソ・ガルシア・ロブレスと共同でノーベル平和賞を受賞している。詳しくはノーベル財団の公式サイトにあるこちらのページも参照のこと。 []

コメントを残す