経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「政府に進化を遂げたメキシカンマフィア?」

●Alex Tabarrok, “The Mexican Mafia”(Marginal Revolution, October 21, 2011)


メキシカンマフィア(Mexican Mafia)1 は刑務所内を本拠とする極めて規模の小さな(おそらく150~300人程度からなる)ギャング集団(prison gang)であり、南カリフォルニアにある刑務所内での彼らの影響の強さはかなりのものである。しかしながら、彼らの強力なコントロールは刑務所内にだけとどまるわけではない。メキシカンマフィアは南カリフォルニア中の何百というストリートギャングから収入の10~30%を「税金」として徴収しているのだ(相手のギャングの方が規模が大きいこともしばしばである)。ここで一つの疑問が頭をよぎる。刑務所の中から娑婆にいるストリートギャングに税金を課すなんてことがどうして可能となっているのだろうか? この疑問への回答はAmerican Political Science Review誌に掲載されているデイヴィッド・スカーベク(David Skarbek)の論文(“Governance and Prison Gangs”) (あるいはこちら(pdf)を参照)で与えられている-この論文ではメキシカンマフィアの組織構造と行動様式、そして行動の成果(パフォーマンス)について詳しい説明がなされている-。

メキシカンマフィアが(刑務所の外の世界にまで)強い影響力を持つ主要な理由は、大半の麻薬ディーラーは遅かれ早かれ-大抵は早かれだが-刑務所に入る運命にあるという事実に求められる。将来的に同じ刑務所の中で過ごす羽目になるかもしれず、その際に(メキシカンマフィアの言うことを聞いておかないと)罰を加えられる恐れがあるために、メキシカンマフィアの脅し2  は刑務所の外にいる麻薬ディーラーから信頼される3 ことになるのだ。さらに、刑務所は各地のギャングが一堂に会する唯一の場所でもある。そのような刑務所で権力を掌握しているからこそメキシカンマフィアは何百というギャング集団から税金を徴収することが可能となっているというわけだ。

スカーベクの論文の中でも最も興味深い分析の一つは、メキシカンマフィアの力が強まるにつれて彼らは-まるでマンカー・オルソン(Mancur Olson)が語るあの「定住盗賊」(stationary bandit)4 のように-公共財の供給を始めるようになる-言い換えれば、政府のように振る舞い始める-という指摘である。つまり、メキシカンマフィアは納税者(ギャング)-刑務所の中で過ごす納税者および娑婆にいる納税者-の身の安全を守り、各ギャングの縄張りに対する所有権を保護し、ギャング間の抗争を仲裁する役割を自ら進んで行うようになるのである。ただし、メキシカンマフィアがそのような役割を担うのはあくまで「税収」の増加につながる場合に限ってであることは言うまでもない。また、メキシカンマフィアの力があまりに強すぎるために自ら手を下す必要すらない場合もあり、そのような場合には一種の私掠免許状や復仇免許状が発行されることになる。私掠免許状の発行を通じて、税逃れをするようなギャングの身の安全は最早保証されない旨が宣言され、私掠船(pdf)5 が代わりに罰を下すことにOKサインが出されるわけである。

最後になるが、メキシカンマフィアは外部性の内部化にまで乗り出すことになったということだ。

さらに、メキシカンマフィアは通り過ぎざまの銃撃行為(drive-by shootings)の規制にも乗り出した。敵対するギャングとの抗争を解決するための手段として通り過ぎざまの銃撃行為に訴えた場合、結果的にメディアや警察から注目を集めることになるが、行為に及ぶギャング当人はそのことに伴うコストの一部しか負担することはない。そのため、通り過ぎざまの銃撃行為は過大に行われてしまう恐れがある(Buchanan 1973)。1992年のこと、メキシカンマフィアのメンバーから各刑務所と近隣のスレーニョスに宛ててあるメモが送り付けられた。そのメモにはこう書いてあった。メキシカンマフィアの承諾なしに通り過ぎざまの銃撃に及んだ者には死が待っている、と。その後間もなくして通り過ぎざまの銃撃の件数は減少することになったのであった。

犯罪やガバナンスといった話題を巡ってメキシカンマフィアから学べることは数多いと言えるだろう。

 

  1. 訳注;メキシコ系アメリカ人によって構成されるギャング集団 []
  2. 訳注;「「税金」を納めなければ後でどうなるかわかっているな?」 []
  3. 訳注;見せかけではなく信憑性のある脅しとして受け止められる []
  4. 訳注;オルソン本人による説明としては、例えば、”Dictatorship, Democracy, and Development(pdf)”(The American Political Science Review, Vol. 87, No. 3 (Sep., 1993), pp. 567-576)や『Power and Prosperity』を参照のこと。 []
  5. 訳注;暴力をふるってもいいとメキシカンマフィアから許しをもらったストリートギャング []

コメントを残す