経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「朝鮮半島を二分する境界線にて」(2012年10月14日)

●Alex Tabarrok, “A Brief Visit to North Korea”(Marginal Revolution, October 14, 2012)


北朝鮮側にいるコーエン(左)に韓国側にいる私(右)。

北朝鮮側にいる私(左)に韓国側にいるコーエン(右)1

二人ともちょっと緊張しているように見えるとすればそれもそのはずだ。写真を撮影した現場(韓国と北朝鮮を分かつ軍事境界線上にある板門店)は緊張感に包まれていたのだ。それもいつにもまして。というのも、我々二人がこの地を訪れた数日前に北朝鮮側の兵士が勤務中に上官2名を射殺して(軍事境界線を越えて)韓国側に亡命するという事件が起きたばかりだったのだ。(2012年時点の)北朝鮮は例年よりも過酷な食糧不足に見舞われているようだが、そのことも現地の緊張感を高める一因となっていたことは間違いない。

ところで、今回実際に訪れてみてはじめて知ったのだが、韓国国内を走る高速道路の一つから北朝鮮の風景を目視することができる。土がむき出しになっている裸の土地が目に入る。薪として使うためにあるいは樹皮から得られるほんの少しの栄養分を摂取するために木々が伐採され尽くしてしまっているのだ。

最後の一枚だ。北朝鮮側の見張りがこちらを監視しながら我々二人の姿を写真に収めている。記録として残すためだろう。

  1. 訳注;ちなみに、コーエンがコメント欄で次のようにコメントしている。「一枚目の写真に写っている(北朝鮮側にいる)私と二枚目の写真に写っている(韓国側にいる)私を比べたらどちらかと言えば二枚目の方が幸せそうな見た目をしていることに読者も気付かれることだろう」。 []

コメントを残す