経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「格差とマネタリーエリート」

●Alex Tabarrok, “Inequality and the Masters of Money”(Marginal Revolution, January 14, 2014)


はじめに断っておくと、今回のテーマは格差とお金にまつわるものではない。格差と金融政策を操る首領(ドン)とがテーマである。

Yellen-300x166まず最初に取り上げるのはジャネット・イェレン(Janet Yellen)である。イェレンと言えばこの度晴れて新たなFRB議長に任命されることになったわけだが、その結果として彼女は現時点において世界で最もパワフルな女性1 /これまでの歴史上において最もパワフルな女性/現時点において(男女を含めて)世界で2番目にパワフルな存在/現時点において(男女を含めて)世界で最もパワフルな存在/・・・としての地位を手にすることになった(どの評価が妥当であると感じるかは各人次第だろう)。ともあれ、FRB議長という地位にあるイェレンがパワフルな存在であることだけは確かだ。さらに、彼女の夫はノーベル経済学賞受賞者のジョージ・アカロフ(George Akerlof)である。これほどまでに卓越した2人の人物が同じ屋根の下で暮らしているという事実は同類婚(assortative mating)のまたとない例だと言える。イェレン-アカロフ夫妻は上位1%の中のさらにその上位1%の存在であり、政治や文化の面でのかくも偉大な成果がわずか1つの家族の手に集中して収まっているという事実は格差の拡大を物語る一つの例だと言えよう。女性に対する機会の平等がますます確保されつつある2ことこそがこの種の(同類婚を通じた家族間での)格差の拡大を促している要因の一つとなっていると考えられるだろう3

さて、次に取り上げるのはFRB副議長に指名されたスタンレー・フィッシャー(Stanley Fischer)である。フィッシャーの出生地はザンビアであり、彼はイスラエルとアメリカの2重国籍の保持者だ。つい最近まで彼がイスラエル銀行の総裁を務めていたことは読者もご存知だろうが、これまでのアメリカの歴史を振り返ってみても外国政府の要職に就いた経験のある人物がアメリカ政府においても要職に就くという例はほとんど見当たらない。ここアメリカにはあまたの優れた経済学者が存在することを思うと、フィッシャーのような変わった経歴の持ち主でなくとも他にFRB副議長にふさわしい候補者はいるのではないかと感じる読者もいることだろう。しかしながら、オバマ大統領がなぜフィッシャーを副議長に指名したのかその理由をつかむことはそう難しくはない。というのも、オバマ大統領から「FRB副議長に適当な人物は誰だろうか?」とアドバイスを求められた人々の口からは例外なく「世界中を見渡してもフィッシャーがその職に最もふさわしい人物の一人だ」との答えが返ってきただろうからである。

Bernanke-Fisher-300x220この件でオバマ大統領からアドバイスを求められた人物の多くはおそらくは(FRB前議長のベン・バーナンキ(Ben Bernanke)を含めて)かつて学生時代にフィッシャーから教えを受けたことのある生徒であり、世界でもトップクラスの貨幣経済学者(monetary economists)から成る一握りのエリート集団のメンバーだったことだろう。貨幣経済学の世界は顔見知り同士の派閥によって牛耳られており、言うなれば一種のカルテルによってコントロールされた世界ということなのかもしれない。確かにそれはそれとして事実かもしれないが、フィッシャーがFRB副議長に選ばれた理由を理解するにはもっと大きな流れの中にこの話題を位置付けてみるべきではないかと個人的には考えている。フィッシャーにほとんど引けを取らない人物があまたいるにもかかわらず、なぜあえてスタンレー・フィッシャーが副議長に選ばれたのだろうか? その理由は、大企業が自社のCEO(最高経営責任者)に迎え入れるためにごく限られた数の人物を対象として他社に負けじと死に物狂いでアプローチをかける(その過程でCEOの給与は成層圏に達するのではないかと思われるほどバカ高い水準にまで上昇することになるわけだが)ことと同じところにあるのではないかと思われるのだ。

金融政策を司る中央銀行といった雲の上にあるかのような世界に話を限ってもフィッシャーの副議長指名のニュースはユニークな事例というわけではない。2012年のことだが、イギリス政府がカナダ人であるマーク・カーニー(Mark Carney)を新たなイングランド銀行の総裁に任命したことは記憶に新しいところだ。カーニーの総裁就任はイングランド銀行のこれまでの歴史の中でイギリス人以外が初めて総裁を務めるケースにあたる。このようにイギリスやアメリカのような国においてでさえも自国の中で育まれた才能では十分満足できずにいるということは、優れた才能(の持ち主)に対する需要圧力がいかに激しいものであるかを物語っていると言えよう。このことを如実に示す私好みの例をビジネスの世界から一つだけ挙げるとセルジオ・マルキオンネ(Sergio Marchionne)の名前が想起される。マルキオンネはフィアットグループだけではなくクライスラーのCEOも務めており、それ以外にも様々な要職の地位にある。彼の住居はスイスに構えられており、通勤のためにイタリアとアメリカの間を行き来するのも彼にとっては普通のことだ。さらに、彼はイタリアとカナダの2重国籍の保持者でもある。カーニーやフィッシャーのケースは、才能に対する苛烈極まる需要と(その結果としての)世界全体を舞台とした勝者総取り(ウィナー・テイク・オール)現象がビジネスの世界だけにとどまる話ではないことを示していると言えよう。

企業の規模が大きくなるほど、マーケットの規模が大きくなるほど、そして経済の規模が大きくなるほど、トップ(経営トップ、政策当局のトップ)の地位にある人物に備わる質(才能)の僅かの差が最終的な結果に対して及ぼす影響はますます大きなものとなる。マイクロソフトのCEOとしてビル・ゲイツ(Bill Gates)が数々の重大な決定を行ったことは確かだろうが、それほど才能の違わない人物と比べた場合にゲイツがどれだけ多くのそういった(重大な)決定を行ったと言えるだろうか? おそらくその差は10もないだろうが、そのわずかの差がマイクロソフトに対して何十億ドルもの収入の違いをもたらすことになったと思われるのだ。イェレン-フィッシャータッグがほぼ似たような才能を持った他のタッグに比べてほんの少しだけ優れた決定を行うだけでも最終的に経済全体で見て数千億ドルもの違いとなって表れる可能性は十分あるのだ。

FRBが高い質(能力)を備えた複数のメンバーから成る「チーム」の形成に向かっている点も注目すべきところである。Oリング理論によると、(生産プロセスがある特定の性質を備える場合には)高い質(能力)を備えた労働者同士を協働させる(マッチングさせる)4ことで生産価値が最大化されることになる。さらに重要なこととして、Oリング生産は才能の格差を増幅させる効果を持つ。才能の格差を所得の大幅な格差に転化したり(ビジネスの世界におけるケース)、権力の大幅な格差に転化する(公共部門におけるケース)効果を持っているのだ5

まとめるとこういうことだ。様々な格差が拡大する背後ではいくつかの共通する要因が働いている。その要因というのは、男女間での機会の均等(女性の社会進出)であり、同類婚であり、Oリング生産であり、(テクノロジーの発展を通じて才能の価値が高まり、その結果として生じた)才能に対する需要の高まり6である。そしてこれらの要因が働く結果として生じているのがマネーエリート7の台頭であり、マネタリーエリート8の台頭であり、パワーエリート9の台頭なのだ。

  1. 訳注;「パワフルな」=強大な政治的権力を手にした、という意味 []
  2. 訳注;言い換えると、女性の社会進出が進んでいる []
  3. 訳注;同類婚が家族間での所得格差の拡がりに対してどのような役割を果たしているかという点については本サイトで227thday氏が訳出されている次の論説も参照のこと。“グリーンウッド他 「格差婚がないからアメリカでは格差が拡大する」” []
  4. 訳注;高い能力を備えた労働者同士が同じ「チーム」で働く []
  5. 訳注;Oリング理論の概要については(英文で申し訳ないが)こちらこちら(pdf)などを参照のこと。 []
  6. 訳注;おそらく「スキル偏向型技術進歩」のことを指しているのだろうと推測してこのように訳した。原文は”increases in the demand for talent driven by the leveraging of talent through technology” []
  7. 訳注;莫大な財産(所得や富)を手にしたお金持ち []
  8. 訳注;中央銀行の総裁をはじめとした金融政策の当局者たち。特に、フィッシャーやカーニーのように各国の中央銀行から相次いで要職のポストへの就任を持ち掛けられる存在。 []
  9. 訳注;絶大なる政治権力を手にした人々 []

コメントを残す