経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「猫はお好き?」(2006年1月22日)/「トキソプラズマという名の人形使い」(2009年7月18日)

●Alex Tabarrok, “Do you love cats?”(Marginal Revolution, January 22, 2006)


トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)はその驚くべき特性のために進化生物学者の間でもてはやされている寄生虫の一つだ。トキソプラズマの住まいは猫の腸内。トキソプラズマは猫の腸の中で卵を産み、その卵は糞に付着して外に排出される。そしてその糞はネズミに食されることが多い。さて、問題はネズミから再び猫(新たな宿主)の体内にどうやって戻るかだが、驚くべきはここだ。トキソプラズマは(猫の糞を食べた)ネズミの脳に感染してネズミの行動をそれとなく――己の繁殖力を高めるような方向に――変化させる。トキソプラズマに感染したネズミは猫をそれほど怖がらなくなり、その結果として猫の餌食となる(猫に食べられる)可能性が高まることになるのだ!1

まさかの展開がもう一つ。トキソプラズマは多くの人間にも感染するらしい

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “The Return of the Puppet Masters”(Marginal Revolution, July 18, 2009)


数年前のことになるが、「猫はお好き?」と題した拙エントリーで次のように語った。

トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)はその驚くべき特性のために進化生物学者の間でもてはやされている寄生虫の一つだ。トキソプラズマの住まいは猫の腸内。トキソプラズマは猫の腸の中で卵を産み、その卵は糞に付着して外に排出される。そしてその糞はネズミに食されることが多い。さて、問題はネズミから再び猫(新たな宿主)の体内にどうやって戻るかだが、驚くべきはここだ。トキソプラズマは(猫の糞を食べた)ネズミの脳に感染してネズミの行動をそれとなく――己の繁殖力を高めるような方向に――変化させる。トキソプラズマに感染したネズミは猫をそれほど怖がらなくなり、その結果として猫の餌食となる(猫に食べられる)可能性が高まることになるのだ!

まさかの展開がもう一つ。トキソプラズマは多くの人間にも感染するらしい

さて、最新の研究結果を紹介しておこう。

大半の国ではその国の2~6割の人間がトキソプラズマに感染する可能性を秘めている。・・・(略)・・・本研究はトキソプラズマに感染すると(反応速度が鈍ることで)交通事故に遭うリスクが高まることを前向きコホート研究を通じて初めて立証したものである。我々の研究によると、・・・(略)・・・抗トキソプラズマ抗体価の高い感染者は交通事故に遭う確率がおよそ16.7%――トキソプラズマに感染していない人物の6倍以上の値――に上るとの結果が得られている。

Rh陽性の血液型の人物はトキソプラズマに感染しても交通事故に遭うリスクがいくらか抑えられるようだ(詳しくはリンク先の論文を参照されたい)。ところで、トキソプラズマに感染した人間は(ネズミがそうであるように)猫に食べられやすくなったりするのだろうか? リンク先の論文ではこの点について何も語られていないが、きっとそうに違いないというのが私の見立てだ。

  1. 訳注;そしてトキソプラズマはネズミを食べた猫に感染することになる。 []

コメントを残す