経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「経済学の中に潜む倫理的な判断」

●Alex Tabarrok, “The Ethics of Economics”(Marginal Revolution, January 27, 2011)


経済学の中に潜む倫理的な判断という話題についてエドワード・グレイザー(Edward L. Glaeser)が優れたエントリー(“The Moral Heart of Economics”)を執筆している。コーエンと私の二人で執筆した経済学のテキスト(Modern Principles)の中でも同様の問題を取り扱っているので、以下にその一部を引用しておこう。

————————————-
予測が問題となる状況(実証経済学)では特定の倫理学説には何ら依拠することはないとしても、(政策の評価などを含む)規範的な問題を論じる段(規範経済学)になると倫理的な判断が議論の中に入り込むことになる。例えば、経済学者が「臓器売買は(ドナーからの)搾取だ」との主張に異を唱える時、彼らは臓器提供者を一人の人間として尊重すべきだ――どんなに困難な状況に置かれていようとも自分の判断で選択を行うことができる存在として尊重すべきだ――と見なしていることになる。

また、経済学者は一人一人の選好(好み)についてとやかく言ったりはしない。オペラよりもレスリングの方が好きだという人がいれば、それはその人の勝手である。経済学者が(一人の人間として意見を求められるのではなく)経済学者という立場にとどまる限りにおいてはどちらの好みが優れているかについて判断を下そうとしたりはしない(好みの間で優劣をつけたりしようとはしない)。規範的な問題を扱う際には、経済学者は一人一人の選択を尊重する傾向にあるのだ。

個々人の好みと選択に対する尊重は人々の間での(自発的な)交換――各人が自らの状況を改善しようと考えて試みる行為――に対する尊重へとつながる。外部性の問題を取り扱った第9章で論じたように、交換は時に(交換の当事者ではない)第三者の状況を悪化させることがあるというのは確かである。しかしながら、人は自らの判断で選択を行うことができるとともに自分自身の好みをわかっているという基本的なアイデアを受け入れる傾向にある経済学者は自発的な(強制ではない)交換というアイデアに対して強い共感を覚えるのだ。

経済学者は市場に表れる需要をすべて――その需要の源泉となっている人物が誰であろうとも――対等なものとして取り扱う。経済政策の評価を行う際には、白人であろうと黒人であろうと、男性であろうと女性であろうと、寡黙な人物であろうとおしゃべり野郎であろうと、アメリカ人であろうとベルギー人であろうと、一人一人の消費者余剰や生産者余剰は他の人々のそれとまったく対等なものとして取り扱われるのだ。

ただし、経済学者が抱く以上のような倫理的な見解が常に正しいと言いたいわけではない。この章の冒頭で注意しておいたように、この章では答えを提示するよりも疑問(質問)を投げ掛けることに重きが置かれている。しかしながら、経済学者が抱く以上のような倫理的な見解――一人一人の選択と好みに対する尊重、自発的な交換の擁護、すべての人を対等に取り扱うこと――は倫理学上、宗教上の幅広い伝統の中に深く根を下ろしているものだということは指摘しておこう。

ヴィクトリア朝時代の作家であるトマス・カーライル(Thomas Carlyle)が経済学のことを「陰鬱な科学」(“dismal science”)と呼んだというエピソードについてはもしかしたらどこかで耳にしたことがあるかもしれない。その一方で、カーライルは奴隷制を擁護しており、当時の経済学者が抱いていた倫理的な見解に対して批判的であったという事実はあまり知られてはいないことだろう。ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill)をはじめとした当時の経済学者たちは、人は誰であれ合理的な選択を行う能力を備えており、強制ではなく(自発的な)交換こそが富の増大をもたらす最善の手段であり、人は誰しもが――人種の別を問わず――対等な存在として取り扱われるべきだ、と考えていた。レッセフェール(自由放任)を信条とした当時(19世紀)の経済学者が奴隷制に異を唱えたのもそのためである。ミルをはじめとした当時の経済学者たちは、人は誰であれ自由になる資格を備えていると考えていたのだ。そして(当時の経済学者が抱いていた)このような倫理的な見解こそがカーライルに「経済学は陰鬱な科学だ」との印象を抱かせる原因となったのである1。カーライルとは違って我々はそのような印象は持たないのだが、読者はどうお思いだろうか?
————————————-

  1. 訳注;経済学が「陰鬱な科学」と呼ばれるようになった原因としてマルサスの人口論が説く「陰鬱な」予測などが挙げられることがあるが、真の由来はここで触れられている通り。「陰鬱な科学」という名称の真の由来については若田部昌澄著『経済学者たちの闘い』の第9章でも詳しく説明されている。 []

コメントを残す