経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「観光ビザの海外旅行抑止効果」(2013年7月30日)

●Alex Tabarrok, “The High Costs of Travel Visas”(Marginal Revolution, July 30, 2013)


アメリカ人は幸運だ。というのも、ヨーロッパや南アメリカの国々の大半は観光目的で入国してくるアメリカ人にビザの取得を求めなくなっている(ビザなしでの入国を認めるようになった)からだ。しかしながら、海外からの入国者にビザの取得を求めて国境の内側に足を踏み入れにくくしている国はまだかなりの数に上る。驚かされるばかりだ。海外からの訪問客なんてまっぴら御免だという国も中にはあるだろうが、インドのような国――観光業に大きく頼っている民主主義国――までもが観光でやってくる入国者に手間と時間のかかるビザの取得を求めているのだ。ロバート・ローソン(Robert Lawson)&ソーラフ・ロイチョードリー(Saurav Roychoudhury)の共著論文(pdf)での推計結果によると、海外からの入国者にビザの取得を求めることに伴うコストはかなりの大きさになる可能性があるらしいのだ。

本論文では観光ビザの取得要求が海外旅行を抑止する効果を検証するが、その検証にはローソン&レムケ(2012)によって作成された観光ビザに関するデータベースと世界銀行および国連世界観光機関(UNWTO)によって蒐集されている海外旅行者数のデータを利用する。本論文での検証結果によると、ある国が海外からの入国者に求める観光ビザの取得要件の厳しさ(を測る指標)が1標準偏差だけ増すと、その国への外国人旅行者の総数は30%減少する傾向にある。任意の二国間(A国とB国)に話を限定すると、A国がB国からの旅行者に求める観光ビザの取得要件の厳しさ(を測る指標)が1標準偏差だけ増すと、A国を訪れるB国の旅行者の数は70%減少する傾向にある。海外からの旅行者に観光ビザなしでの入国を認めるようにすればそれに伴ってかなりの大きさの便益が生み出される可能性がある。

1914年以前には「パスポートもいらなければその他の形式的な手続きも一切抜きで」世界の大部分を旅して回れた。ケインズも(『平和の経済的帰結』の中で)そう書いていたものだが、そんな時代がまたやってきてほしいものだ。


コメントを残す