経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「12人のムーンウォーカー」/タイラー・コーエン 「ミッシングマン ~アームストロング船長はどこ?~」

●Alex Tabarrok, “The Twelve”(Marginal Revolution, August 26, 2012)/(訳者による付記)“タイラー・コーエン 「あなたの国だけにしかない仕事とは?」”の中で紹介されている「アメリカにしかない仕事」(=月面歩行)つながりで訳してみました。


ニール・アームストロング(Neil Armstrong)――人類で初めて月面を歩いた男――が昨日(2012年8月25日)亡くなった。

これまでに月面を歩いた人類は全部で12人いる。そのうちアームストロング――人類で初めて月面を歩いた男――とピート・コンラッド(Pete Conrad)――3番目に月面を歩いた男―― 、アラン・シェパード(Alan Shepard) ――5番目に月面を歩いた男――、そしてジェームズ・アーウィン(James Irwin)――8番目に月面を歩いた男――の4人は既にこの世にはいない。12人のムーンウォーカーのうち生存しているのはわずか8人だ。地球上に生きる70億人の中のたった8人だけなのだ。12人のうちで一番年上なのはアラン・シェパートで1923年にこの世に生を受けている。残りの11名はすべて1930年代――オーヴィル・ライト(「ライト兄弟」の弟)がまだ生きていた時代――に生まれている。一番若いチャールズ・デューク(Charles Duke)も今年(2012年)で77歳を迎えることになる。

月面を歩いた人間がこの地球上に誰一人としていなくなる時代がやってくるのもそう遠くはないのだろうか? そのような時代がやってきたら子供たちは「本当に人類は月面を歩いたことがあるの?」と疑問を抱くことになるのだろうか?

120828BuzzAldrinBoot03

——————————————————————

●Tyler Cowen, “The path dependence of astronaut walks”(Marginal Revolution, August 26, 2012)1


・・・水面下では誰が一番最初に月面に降り立つかを巡って非常に激しいバトルが繰り広げられていた。当初のうちはパイロットのオルドリン(Buzz Aldrin)が先に月面に降り立つ予定になっていたが、スミスがこの本2の中で紹介している話の一つによると、船長のアームストロングの方がオルドリンよりも精力的に(「自分の方が先に月面に降り立ったほうがいいのではないか」と)上層部に掛け合い、NASA(の上層部)もアームストロングの肩を持ったということだ。NASAがアームストロングに味方した理由としては、「アームストロングの方が地球に帰還してきた後の騒ぎにうまく対処できるだろう」という判断に加えて、アームストロングの席の方が着陸船のドアに近かったという事情もあったようだ。オルドリンもそのまま黙ってはいなかった。月面でアームストロングの写真を撮らないというかたちで仕返しをしたのだ。月面では多くの写真が撮られたが、「人類で初めて月面に降り立った男」の姿を確認できる写真は一枚しかない。その写真を撮ったのはアームストロングで被写体はオルドリンだ。写真に収められたオルドリンのヘルメットに目を凝らされたい。「人類で初めて月面に降り立った男」の姿がヘルメットに反射して映っているのが確認できることだろう。

この文章はスティーヴン・シェイピン(Steven Shapin)が執筆している大変優れた記事からの引用だ(@MauraCunningham経由)。個人的には次の記述もお気に入りだ。

・・・アポロ計画に参加した宇宙飛行士たちの給与はアメリカ軍の士官と同じ水準に設定されていた。大半のメンバーの階級は大尉(captain)であり、彼らには年間およそ17,000ドルの給与が支払われた(月でミッションを遂行している間は(他の軍人と同様に)「基地」の外での作業1日あたり8ドルの手当てが支払われた――ただし、宇宙船内で供与された「便宜」に係る経費がそこから(8ドルの中から)差し引かれた――)。

GPN-2001-000013-615

  1. 訳注;英語で申し訳ないが次の記事でもこのエントリーと同様の話題が取り上げられている(「ミッシングマン」というタイトルは次の記事から拝借した)。 ●Rebecca Rosen, “The Missing Man: There Are No Good Pictures of Neil Armstrong on the Moon”(Atlantic, August 27, 2012) []
  2. 訳注;Andrew Smith著 『Moondust: In Search of the Men Who Fell to Earth』 []

コメントを残す