経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジェームズ・ハミルトン 「幸運に恵まれた民主党の大統領?」

●James Hamilton, “Presidents and the economy”(Econbrowser, November 30, 2013)

(訳者による付記)このエントリーで話題となっているブラインダー&ワトソン論文はタイラー・コーエンもブログで取り上げており、その翻訳は本サイトで読むことができる(こちら)。併せて参照あれ。


プリンストン大学の経済学者であるアラン・ブラインダー(Alan Blinder)とマーク・ワトソン(Mark Watson)が共同で興味深い論文(pdf)を執筆している。この論文では、民主党に所属する人物が大統領を務めた時期(民主党政権下)と共和党に所属する人物が大統領を務めた時期(共和党政権下)とで米国経済のパフォーマンスに違いが見られるかどうか? 仮に違いが見られるとしてその理由はどうしてか? といった疑問に検討のメスが加えられている。論文ではまず次の事実が確認されている。

米国経済のパフォーマンスは民主党政権下においての方が共和党政権下においてよりも好調だという結果はこれまでの歴史を通じて何度も繰り返し確認される事実であり、その事実はマクロ経済のパフォーマンスを測る上でどの指標に着目するかにはほとんど左右されない。民主党政権下における経済パフォーマンスと共和党政権下における経済パフォーマンスとの差(以下では、「D-Rギャップ」と呼ぶことにしよう) は(マクロ経済のパフォーマンスを測る)数多くの指標を通じて驚くほど大きいことが見出されるのである。大統領が経済に及ぼす影響力など取るに足りないとの見解が経済学者の間では大勢であることを踏まえると(アメリカ合衆国憲法も同様の見解の上に成り立っていると言えるが)、そのギャップ(「D-Rギャップ」)の大きさは信じられないほどである。

bw 各大統領の任期別で見た実質GDP成長率(年率平均、単位は%);ブラインダー&ワトソン論文のpp.38(図1A)より引用 1

D-Rギャップは統計的に見ても有意であり、またかなり頑健な結果であることを確認した後、ブラインダー&ワトソンは一体何がD-Rギャップを生み出す要因となっているのかを探る作業に着手する。計量経済学的な分析を通じて政権ごとの財政政策や金融政策の違いはD-Rギャップをほとんど説明できないことを見出した上で、彼らは見込みのありそうな3つの要因に行き着くことになる。そのうちの一つが石油価格ショックである。スエズ危機(1956年~1957年)やOPECによる石油の禁輸措置(1973年~1974年)、イラン・イラク戦争(1980年11月に勃発)、そしてイラクによるクウェート侵攻(1990年)といった出来事はいずれも共和党政権下で発生しているが、これらいずれのエピソードも(石油価格の高騰をもたらすことで)米国経済の低調なパフォーマンスに一役買っているように思われる。民主党所属の政治家であるジミー・カーター(Jimmy Carter)は不運にも(その後石油価格の高騰をもたらすことになった)イラン革命(1978~79年)が発生した時期に大統領を務めることになったが、(上に掲げた図にもあるように)彼が大統領を務めた時期のアメリカ経済は民主党所属の政治家が大統領の座にあった時期の中でもかなり低調なパフォーマンスを記録する結果となったのであった。つい先ほど列挙したようなエピソードが生じた責任を米国の大統領に求める意見があるかもしれないが、ある程度物分かりのよい人であれば中東を舞台とする地政学的な対立は米国の大統領がコントロールし得るような類の問題ではないと見なすことだろう。

(D-Rギャップを説明するかもしれない3つの要因のうち)2つ目の要因としてブラインダー&ワトソンが挙げているのが全要素生産性(TFP)の違いである。例えば、1990年代には大規模小売業(big box retailers)の隆盛に伴って生産性が大きな伸びを見せることになったが、クリントン(民主党)政権下においてアメリカ経済が力強い勢いで成長することになった主要な理由はまさにこの生産性の伸びに求められるように思われる。生産性を左右する要因は一体何なのかについては経済学者の間でもまだ十分に理解されていないが、先ほどの石油価格ショックの場合と同様に、生産性の違いをもたらす上で米国の大統領が重要な役割を果たしていると主張することは困難であるように思える。

最後に3つ目の要因として挙げられているのが消費者の信頼感(消費者が近い将来に対して抱いている信頼感)である。理由はよくわからないが、ブラインダー&ワトソンによると、平均的に見て消費者は共和党ではなく民主党がホワイトハウスを掌中に収めている時期において一層明るい将来見通しを抱いているとのことである。計量経済学的な分析結果によると、D-Rギャップのうち4分の1程度は(民主党政権下と共和党政権下のそれぞれの時期における)消費者の信頼感の違いによって説明可能だとのことだ。

ブラインダー&ワトソンは次のように結論付けている。

民主党支持者はD-Rギャップの原因を大統領別のマクロ経済政策の巧拙に求めたがる(つまりは、民主党の大統領の方が共和党の大統領よりもマクロ経済政策の運営が巧みであったからだと結論したがる)に違いない。しかし、実際のデータはそのような見解を支持してはいない。・・・(中略)・・・民主党政権下と共和党政権下とで経済パフォーマンスに大きな差が見られる原因を探り当てるには大部分「幸運」と見なし得るような要因に目を向ける必要があるように思われる。本論文での分析を通じて明らかになったことをまとめると次のようになる。民主党政権下では共和党政権下においてよりも、石油価格が安定しており、(稼働率修正済みの)生産性が高い伸びを見せ、(ミシガン大学消費者信頼感指数の構成要素である先行き期待指数で測って)消費者が将来に対して楽観的な見通しを抱いていたのであった。

  1. 訳注;民主党の大統領は青色のバー、共和党の大統領は赤色のバー []

コメントを残す