経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

スコット・サムナー 「さらば! バーナンキ議長」

●Scott Sumner, “Farewell to Ben Bernanke”(TheMoneyIllusion, January 30, 2014)


オースタン・グールスビー(Austan Goolsbee)がウォール・ストリート・ジャーナル紙に次のような論説を寄稿している(この論説を知らせてくれたMorganに感謝する)。

バーナンキ議長と過去3年半のQE時代にブラボー!
これまでのFedの金融緩和は功を奏した。この事実をしかと認めよ。今後の課題はテーパリングをいかに巧みに進めるかにある。

・・・(中略)・・・

時計の針を2008年に危機が勃発する以前のところまで戻してみることにしよう。危機勃発後に生じたようなシナリオ-GDPが年率わずか2%で成長し、失業率が7%近辺で高止まりし、コアインフレ率が一貫して年率2%を下回る時期が5年間にわたって続く-に直面したらどう対処すべきかと尋ねられたらその当時の経済学者はほぼ全員一致で「Fedは金利を引き下げるべきだ」と答えたことだろう。

このように語ることでグールスビーはFedのこれまでの政策は成功だったと判断しているわけだが、なぜそう言えるのか彼はその理由をまったく説明していない。Fedは一体何をターゲットに据えて政策を運営すべきなのか、Fedの政策が成功かどうかを判断する基準は何なのかについて彼は一切触れていないのだ。

グールスビーは2014年現段階における経済学者全般の意見を代表していると言えるだろう。

バーナンキがスピーチを行った舞台は経済学者が集まる集会の中でもアメリカで最も規模の大きなものだったが、バーナンキのスピーチを聞くために集まった聴衆(経済学者)の足はスノーブーツで覆われており、(長時間にわたって帽子をかぶっていたために)その髪には帽子の型がついていたということもあって、その集まりは通常よりもコミカルな様相を呈していた。しかし、バーナンキがスピーチを終えるとそのコミカルな見た目の聴衆は退任間近のFRB議長をスタンディングオベーションで迎えたのであった。この反応は「QE(量的緩和)時代」とでも呼び得る過去3年半にわたってバーナンキ議長が(本紙の記者も含む)批判者から受け続けてきた冷たい扱いとは大きく異なるものであった。

はっきり言ってこれまでのFedの政策は褒められたものではない。しかし、バーナンキはスタンディングオベーションで迎えられてしかるべきだとも言えるのかもしれない。「相対的な」評価こそがすべてなのだ。バーナンキが経済学者全般よりも優れていたと言えるようであれば、彼はスタンディングオベーションで迎えられるだけの価値があるということになろう。それに我々が政策当局者に要求(期待)してもよいのは精々この程度(経済学者全般よりも優れた判断ができるかどうか)ということなのかもしれない。それではその証拠を見ていくことにしよう。

1. これまでに実施された各種の聞き取り調査の結果によると、経済学者は全般的に見てバーナンキと同程度あるいはバーナンキ以上にタカ派だったことがわかる。2012年の後半になってFedがQE3(第3弾の量的緩和)とフォワードガイダンスに乗り出す前の時期を振り返ると、その当時の金融政策は引き締められ過ぎだと見なしていた経済学者はほとんどいなかった。反対に、その当時の金融政策は緩和され過ぎだと多くの経済学者は考えていたのである。

2. しかし、バーナンキは違った。当時の彼は「金融政策は引き締められ過ぎだ」と考えていたのである。2012年の中頃の段階ではFOMCメンバー-その大半はオバマ大統領によって任命されたにもかかわらず-の中にも彼の味方をしてくれる人物はいなかった。FOMCメンバーからQE3-政府による財政緊縮によってアメリカ経済は二番底不況に陥る恐れがあったものの、QE3のおかげでその恐れから逃れることができた-への同意を取り付けるために時に彼は他のメンバーの腕をねじったり1、メンバーのうちの誰か一人を部屋の外に連れ出して一対一で説得するなどの手段に訴えなければならなかったのである。

3. バーナンキ率いるFedはユーロ圏や日本などその他の主要な中央銀行の大半よりも優れた成果を残した。それもわずかの差をつけて優れていたというのではない。かなり大きな差をつけてそうだったのである。

4. ここ最近の発言に照らして判断すると、仮にグリーンスパンやボルカーがFRB議長を務めていたとしたらこの間のアメリカ経済は大惨事に見舞われていたことだろう。彼らはトリシェ(前ECB総栽)のクローンのように振る舞っていたに違いない。思い出してもらいたいが、グリーンスパンもボルカーも歴代のFRB議長の中で最も成功を収めた人物として評価されているのだ。彼らのうちのどちらでもなく、バーナンキが議長であったことを神に感謝しようではないか。年齢が要因の一つとなっているのかはわからないが、グリーンスパンもボルカーも正気を失ってしまったかのように見える。

(かつて同様のコメントをした際に「年齢差別だ」と批判されたことがある。何とナンセンスな反応だろうか。レブロン・ジェームズ(Lebron James)が85歳になってもプレーし続けるなんてことになったらどう思うだろうか? バーナンキが議長を務めたのは彼が52歳から60歳にかけての期間だったが、これは貨幣経済学者がピークを迎える期間にあたる。ところで私がブログを始めたのは53歳の時で現在は58歳だ。仮に私が85歳まで生き続けることにでもなれば、所得やインフレ、金利といった話題について矛盾だらけで中身がスカスカの文章を垂れ流していることだろう。・・・あ、ちょっと待ってくれ。もう既にそうじゃないか!)

5. バーナンキは学者として1930年代の大恐慌(Great Depression)と近時の日本における「流動性の罠」を研究しており、そのような事情もあって他のどの経済学者にもまして2008年の危機に対処する上であらかじめ準備ができていたと言える。マーケット・マネタリストの立場からするとバーナンキには辛い評価をつけざるを得ないが、(悲しいかな)マーケット・マネタリストは主流派からは程遠い距離にある外れ者のちっぽけな集団だ。仮にバーナンキがマーケット・マネタリストの提案に従いたいと望んでいたとしても、彼がその望みを実行に移すことは不可能だったに違いない。マーケット・マネタリストの提案を採用したかどうかでFRB議長の成果を評価することは、あたかもアメリカ大統領を自分好みの政策を好き勝手に選ぶことのできる独裁者であるかのように見立て、例えばブライアン・カプラン(Bryan Caplan)マシュー・イグレシアス(Matthew Yglesias)の推奨する政策を採用したかどうかでその大統領の成果を判断するようなものだ。人物を評価する際はその人物の「限界生産物」に照らして判断しないといけない。他の人々がバーナンキと同じ立場に置かれたと仮定して考えると、バーナンキは他の大半の誰よりも優れた成果を残したと言えるだろう。そう考えると、バーナンキは感謝されるに十分値するし、楽しげな雰囲気で退任してしかるべきなのだ。

仮に2008年の段階でマーケット・マネタリズムが経済学界で確固とした地位を占めていたとすれば、バーナンキは喜んで名目GDP水準目標(NGDPLT)を採用していたに違いない。バーナンキがさらに積極的な手段に訴えたいと思ってもそうする上で必要な支持を経済学界が与えなかったのだ。Fedが失敗したのではない。経済学界が失敗したのだ。Fedの失敗は単にそれ2を反映しているに過ぎない。

「バーナンキに甘すぎる」とコメントしたくてウズウズしていることだろう。さあ、好きにやってくれたまえ。

  1. 訳注;文字通り「腕をねじった」というよりは「強制的に同意させた」という意味 []
  2. 訳注;経済学界の失敗 []

コメントを残す