経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「オピオイドと労働参加率に関するアラン・クルーガーの論文」

[Tyler Cowen, “Alan Krueger on opioids and labor force participation,” Marginal Revolution, September 7, 2017]

まだこの論文を読めてないんだけど,Brookings の要約から引用:

2017年秋の Brooking Papers on Economic Activity に掲載されたこの新しい論文では,労働参加率低下の一因としてオピオイドの蔓延に着目している.

それどころか,クルーガーの提案によれば,オピオイドの処方が1999年から2015年にかけて増加したことで,同期間に観察された男性の労働参加率の低下のおよそ20パーセント,女性の労働参加率低下の25パーセントが説明されうるという

Brookings へのリンクはこちら


コメントを残す