経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「テロリストをあぶり出す新手のプロファイリング? ~選曲には細心の注意を~」(2006年4月11日)

●Tyler Cowen, “Musical profiling”(Marginal Revolution, April 11, 2006)


いやはや困ったものだ。

イギリスの空港で会社員が保安職員に引きとめられて飛行機への搭乗を阻止された。その原因は空港に向かうタクシーの中で会社員が運転手にカーステレオでかけてくれるように頼んだ曲にある。地元警察の話によると、その曲に運転手が不信感を抱いて空港当局に通告したという。

その曲とは? ザ・クラッシュの『ロンドン・コーリング』(”London Calling”)にレッド・ツェッペリンの『移民の歌』(”Immigrant Song”)。タクシーの運転手が歌詞のどこに不信感を抱いたのかという点も含めて詳しくはこちらを参照されたい1

(追記)ダニエル・シュトラウス・バスケスの指摘によると、会社員はタクシーの中で(『ロンドン・コーリング』をはじめとした)歌を口ずさんでいただけという少し違った報道もあるようだ2

  1. 訳注;リンク先の記事の中では『ロンドン・コーリング』の歌詞の中から次の一節が引用されている。「こちらロンドン はるか遠くにある街へ告ぐ 宣戦布告なり 戦闘のはじまりだ(“London calling to the faraway towns, now war is declared and battle come down”)/こちらロンドン 地下に潜り込んでいる連中に告ぐ そんな狭いところに隠れてないで出てきたまえ そこの僕にそこのかわいこちゃん 君らのことだよ」(“London calling to the underworld, come out of the cupboard, you boys and girls”)。さらには、『移民の歌』の歌詞の中からは次の一節が引用されている。「神々のハンマーが我らの乗る船を新大陸へと走らせる 歌い叫ぶやつらと戦うために 『神よ、今すぐに向かいます』」(“The hammer of the gods will drive our ships to new lands. To fight the horde singing and crying. Valhalla, I’m coming!”)。 []
  2. 訳注;会社員はインド生まれの24歳の男性。保安職員に引きとめられたおかげで結局予定の便には乗れなかったらしい。「運転手さんはレッド・ツェッペリンもザ・クラッシュも好きじゃなかったんだろうけど、だからって警察に告げ口する必要なんて微塵もないように僕には思えるんです」とは会社員本人の言。 []

コメントを残す