経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「多くの児童は算数を使って市場での問題を解いているのに学校の問題は解けないでいる」

[Tyler Cowen, “Many Indian children can use math to solve market problems, but not school problems,” Marginal Revolution, September 8, 2017]

「インドの働く児童の活用されざる数学スキル:証拠,考え得る説明,含意」(Abhijit V. Banerjee, Swati Bhattacharjee, Raghabendra Chattopadhyay, & Alejandro J. Ganimian):

インドの働く児童の多くには,引き算や割り算の問題を解く能力として計測される基本的な算数スキルが欠如しているということは,これまで広く記録されている.我々は,西ベンガル・カルカッタの非公式市場で働く児童を調査し,彼らの大半が学校で典型的に出題される算数問題を解けないのを確認した.しかし,それと同時に,市場での取引として場面を設定すると同様の計算を行えることもわかった.この落差は,市場の取引では児童が価格や数量を覚えられることや,店にいる他の人たちの助力が得られることや,読み書きの能力では説明されなかった.それどころか,これまで売ったことのない品物の仮想的な取引の計算問題を多くの児童が解けた.我々の調査結果からは,こうした児童には学校制度で活用されていない算数スキルが備わっていることがうかがえる.

最新版の草稿

オンラインの付論

こちらからの引用.


コメントを残す