経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「経済学者たちは Twitter をどう使ってる?」

[Tyler Cowen, “How economists use Twitter,” Marginal Revolution, March 24, 2018]

Twitter 利用にあたって,経済学者も自然科学者も大半はじぶんの分野外の人々と交流しているが,似たような自然科学の専門家たちと比べると経済学者の方がツイート数が少なく,メンションをとばす相手も少なく,知らない相手との会話も少ない――という中心的な発見を報告しているのが,Marina Della Giusta と共同研究者たちによる研究だ.これは2018年3月にブリントンのサセックス大学で開かれる王立経済学会の年次カンファレンスで発表される.

また,彼らの研究では,経済学者たちの方が通じにくい言葉を使っていて,複雑な表現や略号を使いがちなのを見出している.さらに,科学者たちに比べて経済学者たちの口調はもっとよそよそしく,あまり個人的なことを言わず,あまり人の輪を広げないのだそうだ.

こうした結論を導くのに研究者たちが収集したのは,IDEA と sciencemag で同定された経済学者のトップ25名と自然科学者のトップ25名の Twitter アカウントの何万ものツイートに関するデータだ.経済学者のトップ3名はポール・クルーグマン,ジョセフ・スティグリッツ,エリック・ブリニョルフソンで,自然科学者のトップ3名はニール・ドグラース・タイソン,ブライアン・コックス,リチャード・ドーキンスだ.

さらなる情報はこちら (via Romesh Viitilingam).ただ,もとの論文はオンラインでは見つけられなかった.興味深い研究結果だけど,ぼくとしては全体の分布がどんな風になっているのか知りたい.


コメントを残す