経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「賃金大停滞のおわり?」

[Tyler Cowen, “Is the great wage stagnation over?” Marginal Revolution, September 15, 2017]

もしかするとそうかも.ただ,せめてもうしばしいい年が続いてくれるならありがたい.ノイズや遅れてきたキャッチアップ成長の部分もありそうだ.とはいえ,これまでの傾向から変化が起きているようだ:

2015年に,世帯所得の中央値は 5.2 パーセント上昇した.国勢調査局が1960年代から記録を取り始めて以来,パーセンテージでみて最速の上昇だ.一人暮らし女性の所得は,8.7 パーセント上がった.ヒスパニック系の所得中央値は 6.1 パーセント上がった.帰化した人々を除く移民の所得は,10 パーセント以上もの飛躍を見せた.

これは,とりわけ貧困層にとってよい知らせだ.全所得のうち,下位5分の1にいる最貧困層に流れた割合は 3 パーセント上昇したのに対して,最富裕層に流れた割合には変化がなかった.この年,貧困率は 1.2 パーセントポイント下がった.1999年以来でもっとも急激な下落だ.

(…)2016年の数字は国勢調査局から公表されたばかりだ.趨勢はおおよそ変わりない.インフレ調整後の世帯所得中央値はさらに 3.2 パーセント伸びた.過去最高水準の伸びだ.貧困率はさらに下がった.国民所得のうち労働者にわたった割合はなおも上昇を続けている一方で,資本に流れた割合は下がっている.

以上,デイヴィッド・ブルックスのコラムから引用.


コメントを残す