経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『アポロの天使』 ~バレエの盛り上げ役を買って出たケインズ~」(2010年12月18日)

●Tyler Cowen, “*Apollo’s Angels: A History of Ballet*”(Marginal Revolution, December 18, 2010)


ジェニファー・ホーマンズ(Jennifer Homans)による『Apollo’s Angels: A History of Ballet』(『アポロの天使:バレエの歴史』)は今年(2010年)出版されたノンフィクションの中でも最も優れている作品の一つだ。文章も流麗だし、細かいところまでよく調べ尽くされている。経済学者の多くが強く興味を覚えるであろう箇所を以下に引用しておくことにしよう。

ロシアバレエに魅せられた数多くのバレエ愛好家の中でもイギリスのバレエの行く末を左右する上で中心的な役割を果たすことになった人物と言えば、ジョン・メイナード・ケインズをおいて他にないだろう。ケインズと言えば20世紀を代表する傑出した経済学者として人の口に上るのが通常だが、ケインズはクラシックバレエに深い関わりを持った人物でもあった。ケインズはイギリス国内でのバレエの振興に力を注いだキープレーヤーの一人でもあったのだ。

・・・(中略)・・・

ケインズにとっては・・・(略)・・・クラシックバレエは青春時代の彼とともにあった今やもう失われつつある文明を象徴するシンボルとしての意味合いをますます強めるばかりであった。・・・(略)・・・ケインズは妻の(バレリーナでもある)リディアの協力を得ながらオペラや絵画、ダンスの支援のために自らの持てる才能と財力の限りを尽くしたのであった。それも政治・経済問題の解決に向けて世界を舞台に獅子奮迅の働きを見せていた真っ最中にである。

ブルームズベリーにあるケインズ夫妻の住まいは(リディアの友人である)著名なバレリーナが一同に集う集会所のようになっていたが、時とともにバレエをアートとして高く評価するアーティストや知識人たちもその輪に続々と加わるようになっていった。・・・(略)・・・1929年にセルゲイ・ディアギレフが亡くなると、ケインズはバレエ愛好家の仲間たちと一緒になってカマルゴ協会の立ち上げに協力した。カマルゴ協会の目的は二つあった。ディアギレフの功績を後世に伝えること、そして「イギリスバレエ」の創造に貢献することである。カマルゴ協会は短命の組織ではあったものの強い影響力を誇った組織だった。妻のリディアはカマルゴ協会の創設メンバーに名を連ね、協会が制作した作品に何度もバレリーナとして出演した。・・・(略)・・ケインズはカマルゴ協会の名誉会計の地位に就いていた。

ケインズは1930年代半ばにケンブリッジ芸術劇場の建設にも一肌脱いでいる。その建設費用の多くはケインズが私財を投じて賄われたのであった。・・・(略)・・・イギリス経済が不況のどん底であえぐ中、ケインズのアートに対する関心は政治的な色合いをますます強めていくことになる。ケインズは1933年にこう書いている。「戦争(第一次世界大戦)が終わってからこれまでの間に莫大な額の失業手当の支払いを余儀なくされたわけだが、それだけのお金があればイギリスの都市を人類がこれまでに作った作品の中でも世界で最高の作品に仕上げることができたに違いない」。

ところで、つい最近『ブラック・スワン』を映画館で観てきたばかりだ。あれやこれやの作品がごちゃまぜになっている感じがしたし、胸糞が悪くなるような場面もいくつかあった。看過できない間違いも散見された。とは言え、大変面白かった。『ウィンターズ・ボーン』、(イスラエル映画の)『レバノン』 、(エグいところはあるが出来そのものは素晴らしいデンマーク映画の)『ヴァルハラ・ライジング』と並んで今年(2010年)公開された映画の中でも個人的に好きな作品の一つだ。

『白鳥の湖』のCDはミハイル・プレトニョフが指揮してロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したものを収録した作品がお気に入りだ(2010年に発売されたクラシックCDの中でも一番のお気に入りだ。このCDは色々と物議を醸しているようだが、とりあえずこちらの優れたレビューを紹介しておこう)。プレトニョフと言えば少年への暴行容疑でタイ警察に捕まっていたが、特に罪に問われることもなく無事に釈放されたようだ。


コメントを残す