経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『アメリカ連邦準備制度の内幕』」(2009年3月11日)

●Tyler Cowen, “Inside the Fed”(Marginal Revolution, March 11, 2009)


Inside the Fed』(邦訳『アメリカ連邦準備制度の内幕』)を読了。楽しみながら読めた。著者はステファン・アキシルロッド(Stephen Axilrod)。副題は「アメリカの金融政策とその運営;マーチン(議長)からグリーンスパン(議長)を経てバーナンキ(議長)まで」。

個人的にお気に入りの箇所を引用しておこう1

金融政策の概要について説明してくれとのことでホワイトハウスに赴くことになったわけだが、そろそろお暇しようとしているところでその日一番の印象的な出来事に出くわすことになった。(ニクソン大統領の側近を務めていた)ジョン・アーリックマン(John Ehrlichman)が予告なしに突然我々の前に登場したのである。彼は我々(FRBのスタッフ)に対してどうしてもはっきりと言っておきたいことがあったらしい。

アーリックマンはこんな感じの言葉を口にした。「あなた方が朝起きて鏡の前に立ってヒゲのお手入れをなさる時に是非とも一心に頭をひねって考えていただきたいことがあります。こう自問していただきたいのです。『マネーサプライを増やすために今日のうちで自分にできることは何があるだろうか?』、と」。そうだったのだ。我々がホワイトハウスに招き入れられたのは実はそのためだったのだ。金融政策の概要を説明するためではなく、アーリックマンの要望を聞くために我々はホワイトハウスに招かれたのだ。

ちなみに、本書(原書)の167ページでは一流の経済学者の面々と強迫性障害の患者との(似た者同士の)違いについて興味深い(ただし、いささか不正確なところのある)議論が展開されている。

  1. 訳注;以下は拙訳 []

コメントを残す