経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『レントシーキング』の内容をうまく言い表す外国語の単語とは?」

●Tyler Cowen, “More specific foreign words for “rent-seeking””(Marginal Revolution, October 1, 2005)


他人から富を奪い取ること(他人からの富の移転)を目的として(時間や労力、金銭等の)資源を投下する活動を指して経済学では「レントシーキング」(“rent-seeking”)と呼んでいるが、果たしてそのように表現していいものだろうかとためらいを感じたことはないだろうか? マーシャル(Alfred Marshall)のことはひとまず忘れて、「レント」というのはアパートの大家に支払う家賃のことを指しているのではなかったか? 「レントシーキング」と「プロフィットシーキング」(profit-seeking;利潤追求)の違いをごまかすことなくきっちりと定義することはできるだろうか?

「レントシーキング」の内容を単語一つでうまく言い表わせないものだろうか?と思い悩んでいると、このような外国で使われているヘンな言葉のリストに出くわした。いくつか抜き出してみよう。

*グリラージン(Grilagem);ポルトガル語(ブラジルポルトガル語)

不動産登記証書を偽造して不法に土地を取得する行為。文書の偽造にあたってコオロギが利用されることからこの名が付いた1。偽造した文書を生きたコオロギと一緒に引き出しの中にしまっておき、コオロギの汚物でその文書を古めかしい書類に見せかけるのである。

*ダナ(Dhurna);ヒンディー語

玄関の前に座り込んで断食を行ったり暴力で脅したりして金品をゆする行為。

*総会屋(Sokaiya);日本語

株式会社の株式を若干数だけ保有し、株主総会に乗り込んで騒動を起こすぞと脅すことで会社等に金品の支払いを要求する人達。

今後授業で「レントシーキング」に触れる機会があれば、ついでに「総会屋」についても言及すればいいだろう。

  1.  訳注;コオロギはポルトガル語では「グリロ」(grilo) []

コメントを残す