経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『我らが同僚』ゴードン・タロック」(2005年1月26日)/ アレックス・タバロック 「タロック流の問い」(2015年2月5日)

●Tyler Cowen, “Our colleague Gordon Tullock”(Marginal Revolution, January 26, 2005)


Liberty Fundよりゴードン・タロック(Gordon Tullock)の『The Organization of Inquiry』の新版が刊行された。

本書でタロックは科学者から成る社会組織に焦点を当てている。本書では科学という営みについて、とりわけ社会システムとしての科学が抱える問題について重要な問題が提起されている。科学者たちはピラミッド型の組織に組み込まれているわけでもないのに協力し合って(協調して)研究に励んでいるかのように見える。いかにしてそのようなことが可能になっているのか? 科学の成果(の大部分)が一般社会の信認を得るに値するのはなぜか? タロックは本書でそのような問いを投げかけている。

学術誌に論文を投稿してから掲載されるまで長く待たされてイライラする。そんな経験がおありかもしれないが、タロックは1980年頃の段階1でうまい解決策を見つけていたようだ。

ゴードン・タロック教授はPublic Choice誌に投稿された自分の論文を自分で審査し(自ら査読者を務め)2、論文を投稿してから48時間以内にメールで受理の諾否に関する返事がくるというのがよくあるパターンだったらしい。

ブラッド・デロングによるタロックの評価はこちら。今回出版された『The Organization of Inquiry』はタロック全集の中の一冊だが、後続巻の予定について詳しくはこちらを参照されたい。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Tullock’s Questions?”(Marginal Revolution, February 5, 2015)


ゴードン・タロックは大量の問いを投げかけることで有名だった。奇妙な問いに何とも気まずい問い。その場で即席で思い付かれた問いに著述の中で投げかけられる問い。一例を挙げよう。「どうしてアメリカはブラジルを侵略しないんだろうね?」 タロックは時としてそんな問いを投げかける。「他国の侵略や植民地の獲得に励んでいた国々がそのような行為から手を引いたのはなぜか?」というのが問いの真意だ。いい問いだ。ところで、タロックが投げかけた問いを集めたいと思っているところだ。タロックに面と向かって問われたというのでもいいし、タロックが著述の中で投げかけている問いでもいい。何かご存知なら是非とも教えてもらいたいと思う。「ありがとう」と前もって感謝しておくとしよう。

  1. 訳注;原文では「1980年頃の段階」という文言にリンクが貼られているが現在はリンク切れ。直後の引用文はリンク先の文章。 []
  2. 訳注;タロックは長らくPublic Choice誌の編集委員を務めていた。 []

コメントを残す