経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『自由意志』の存在を信ぜよ。さすれば(実益が)与えられん」(2010年8月21日、2016年4月2日)

●Tyler Cowen, “The culture that is Bryan Caplan”(Marginal Revolution, August 21, 2010)


つい最近の論文によると、哲学上の信念は実社会でのパフォーマンスにも重要な影響を及ぼす可能性がある(少なくとも両者の間には相関がある)らしい。

哲学上の信念は職場での業績に影響を及ぼすだろうか? 本研究で見出された結果によると、「自由意志は存在する」との信念の持ち主は将来的に仕事で成功を収める可能性を高く見積もる(将来のキャリアについて楽観的な見通しを持つ)傾向にあるだけではなく、実際にも高い業績を残す(仕事ぶりに対する上司の評価が高い)傾向にもあることがわかった。職場での業績と相関を持っている尺度としては誠実性統制の所在プロテスタント的労働倫理尺度等が知られているが、自由意志への信念の強さはそのいずれの尺度よりも職場での業績の高さと強い相関を持っていることも見出された。

この論文はVaughn BellがTwitterで紹介していて知ったものだ。いくつかの解釈があり得るだろう。「自由意志は存在する」との信念の持ち主は仕事で成功する(高い成果を収める)可能性を高めるようなその他の何らかの属性(例えば、内的統制型)を併せ持っている1というのが一つ目の解釈だ。二つ目の解釈は自由意志への信念それ自体が仕事で成功する(高い成果を収める)可能性を高める働きをするというものだ。自由意志の存在を信じる人物は自らの一つひとつの選択に責任を持とうと心掛ける傾向にあり、それに伴って仕事で成功する可能性も高まる。そういう可能性もあるわけだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “The case for a belief in free will”(Marginal Revolution, April 2, 2016)


今回取り上げる論文は“Believing there is no free will corrupts intuitive cooperation”(「自由意志の存在への疑念は人間の直感的な判断に干渉して非協力的な行為を誘う」)だ。著者はジョン・プロッツコ(John Protzko)&ブレット・ウィメット(Brett Ouimette)&ジョナサン・スクーラー(Jonathan Schooler)の三人。論文のアブストラクト(要約)を引用しておこう。

自由意志は果たして存在するのだろうか? その答えはどうであれ、自由意志の有無に関する信念(「自由意志は存在する」と信じるかどうか)は人の行動に影響を及ぼす。「自由意志は存在する」との信念が脅かされると非協力的な振る舞いが誘われる可能性があるのだ。自由意志の有無に関する信念と現実の行動とをつなぐメカニズムの詳細については盛んに議論が続けられている最中である。本論文では「公共財ゲーム」2に若干の捻り(出資額を決めるまでの制限時間を調節する3)を加えて、自由意志の存在への疑念が(熟慮をつかさどる)「思考システム」(「システム2」)に影響を及ぼすのか、それとも(直感的な判断をつかさどる)「反射システム」(「システム1」)に影響を及ぼすのかを探る4。その実験結果はというと、直感に従って意思決定を下す(出資額を決める)場合5には人々は協力的に振る舞う傾向にあるが6、「自由意志は存在する」との信念が脅かされる7と直感的な判断が狂わされて(直感レベルでも)利己的に振る舞いがちになる8ことがわかった。しかしながら、「自由意志は存在する」との信念が脅かされた結果として直感レベルで利己的な判断を下しがちになったとしても、考える時間が与えられるとその傾向も乗り越えられる可能性があることも見出されている9

「自由意志」や「自己責任」への信念が実益を伴うためには(形而上学的な観点からすると突っ込みどころがあるにしても)その信念が津々浦々で(多くの人々の間で)広く共有される必要があるだろう。この思想家は社会的な信念(社会で広く共有されている信念)に加担しているだろうか? それとも反旗を翻しているだろうか? そのように問い掛けながら一人ひとりの思想家の言い分に耳を傾けてみるというのもありだろう。「自己責任」という概念を論敵にだけ適用する。そういう論者も中にはいることだろう。

この話題を教えてくれたBen Southwoodに感謝。

  1. 訳注;「自由意志は存在する」との信念の持ち主は仕事で成功する(高い成果を収める)可能性を高めるようなその他の何らかの属性を併せ持っており、「自由意志は存在する」と信じているがゆえにではなくその他の何らかの属性のおかげで仕事で成功する可能性が高められている、という意味。 []
  2. 訳注;この論文では次のような設定になっている。4人一組でグループを作り、各人にはあらかじめ0.5ドルが与えられる。各人は手元にある0.5ドルの中から共同基金にいくら出資するかを決める。共同基金に集まったお金は倍に増やされて4人の間で均等に配分される。出資せずに手元に残しておいた金額と共同基金から配当される金額を加えたものが各人の儲けということになる。例えば、4人全員が手元の0.5ドルを全額出資すると共同基金には合計で2ドル集まることになるが、その2ドルが倍にされて四等分されることになる(={2ドル×2}÷4)のでこの場合は各人の儲けは1ドルということになる。さて、利己的な人間であればいくら出資することになると予想されるだろうか? 答えは「0ドル」。その理由は自分が0.1ドル出資した場合に共同基金からいくらの配当が返ってくるかを考えてみるといいだろう。0.1ドル出資するとそれが倍にされて四等分される(={0.1×2}÷4)ので共同基金からの配当額は0.05ドルである。0.1ドル出資して戻ってくるのは0.05ドルなのだからこれほど損な話はない! その一方で、他の誰かが共同基金に0.1ドル出資すると自分も0.05ドルの配当がもらえることになる。自分はびた一文出さずに(出資せずに)他人には出資してもらいたい(他人の努力にただ乗りしたい)という誘惑が存在するわけである。4人全員が同じように考えたとしたら(ただ乗りの誘惑に流されたとしたら)共同基金にはお金は一切集まらず、各人の儲けは(最初に与えられた)0.5ドルということになり、4人全員が全額出資した場合よりも儲けが少なくなってしまうわけである。 []
  3. 訳注;二つのケースに分けられている。「公共財ゲーム」の説明を聞いてから10秒以内に出資額を決めるよう求める(被験者に速断を求める)場合と最低10秒は考えた上で出資額を決めるよう求める(被験者に熟慮を許す)場合である。 []
  4. 訳注;人間の思考をつかさどる二つのモード(「システム1」と「システム2」)については例えば次を参照。 ●友野典男「人はなぜ変われないのか――認知バイアスから逃れられない理由」(カタリスト, 2016年1月8日) []
  5. 訳注;「公共財ゲーム」の説明を聞いてから10秒以内に出資額を決めるよう求められる場合 []
  6. 訳注;平均すると共同基金に(0.5ドルのうちから)0.4ドル出資する []
  7. 訳注;「公共財ゲーム」に参加する被験者に自由意志の存在を否定する研究結果の概要を事前に説明して聞かせる []
  8. 訳注;10秒以内に出資額を決めるよう求められる場合、「自由意志は存在する」との信念が脅かされないままだと平均すると0.4ドル出資する傾向にあるが、「自由意志は存在する」との信念が脅かされると平均して0.28ドルしか出資しなくなる。 []
  9. 訳注;最低10秒は考えた上で出資額を決めるよう求められるケースでは「自由意志は存在する」との信念が脅かされようがされまいが出資額にあまり違いはない(出資額はどちらの場合でも平均すると0.34ドル前後)。 []

コメントを残す