経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『裁定機会』に魅せられて ~ただ飯なんてものはない~」(2014年7月7日)/「『裁定機会』に魅せられて ~私人による量的緩和は許すまじ~」(2011年4月6日)

●Tyler Cowen, “German leberkas meatloaf and sweet sausages with mustard arbitrage”(Marginal Revolution, July 7, 2014)


ミュンヘン空港にあるルフトハンザドイツ航空のラウンジでは飛行機への搭乗を待つビジネスクラスの乗客に無料でごちそうを振る舞うサービスが提供されているが、そのサービスを利用して1年間にわたり35回もただ飯にありついた男が現れた。それも一度も飛行機に搭乗することなく。

その男は1年間有効なチューリッヒ行きの片道チケットを購入。チェックインした後にラウンジで好きなだけ飲み食いすると予約を変更(その日の搭乗をキャンセル)。1年間にわたり何度も同様のことを繰り返し、結局一度も飛行機には搭乗しなかった。ミュンヘン地方裁判所の判決文によると、ルフトハンザドイツ航空はチケットの有効期限が過ぎると新たにチケットを買い替えることを条件にチケット代を払い戻しており、その男にも同様にチケット代を払い戻したという。

ミュンヘン地方裁判所は無料で食事を提供するラウンジのサービスはあくまでも飛行機への搭乗を前提としていると判断、その男に飲み食いの代金として1980ユーロ(2705ドル;およそ30万円)を支払うよう命じた。1980ユーロということはチケットの代金(744.46ユーロ)の倍以上であり、食事1回あたりに換算するとおよそ55ユーロの支払いという計算になる。その男はチケット代が払い戻されると再びただ飯にありつこうとして新たにチケットを買い替えたが、ルフトハンザドイツ航空も黙ってはいなかった。その男を裁判所に訴えたのである。

ビジネスクラスの乗客には搭乗前にプレミアラウンジや会議室、シャワーなどを自由に利用できる特典が用意されているのが一般的だが、予定が変わった場合にはチケットの予約の変更にも柔軟に応じてくれるケースが多い。ミュンヘン空港にあるルフトハンザドイツ航空の(ビジネスクラスの乗客だけが利用できる)ラウンジでは(バイエルン産の)レーベンブロイ(生ビール)に加えて郷土料理のレバーケーゼ(ドイツ風ミートローフ)やスイートマスタード付きのソーセージなどが無料で振る舞われている。

全文はこちら。情報を寄せてくれたHugo Lindgrenに感謝。ところで、「レバーケーゼ」の綴りって色々あるんだね。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “China arbitrage story of the day German flight attendants arrested in quantitative easing scheme”(Marginal Revolution, April 6, 2011)


ルフトハンザドイツ航空に勤務する6名の従業員(そのうち4名はキャビンアテンダント)が逮捕された。一旦廃棄されたユーロ硬貨(1ユーロ硬貨と2ユーロ硬貨)を大量に中国からドイツに持ち込んだことがその理由。過去4年を通じて持ち込まれたユーロ硬貨の重量は合計で63,000ポンド(およそ2万8576キログラム)を超えるという。

ユーロ硬貨は金色と銀色の二色から成っている(1ユーロ硬貨の場合は外側の環状部分が金色、内側が銀色)。古くなったユーロ硬貨が廃棄される時には環状部分と内側とが切り離された上で中国に送られる。中国で溶かされて鉄屑となるわけだ。

そのまま溶かすんじゃなくて環状部分と内側をもう一度くっつけよう。そして元通りになったユーロ硬貨をドイツに持ち込もう。中国にいるグループがそのような悪巧みを思い付いた。元通りになったユーロ硬貨の「運び屋」に選ばれたのが4名のキャビンアテンダント。・・・(略)・・・ドイツに到着すると4名のキャビンアテンダントは (ドイツの中央銀行である)ブンデスバンク(傷んだ硬貨の両替に応じてくれる欧州で唯一の中央銀行)を訪れて「元通りになったユーロ硬貨」を「本物のお金」(ユーロ紙幣)と両替してもらうというわけである。

全文はこちらだが、笑ってしまうような事件だ。情報を寄せてくれたのは(当然と言おうか)「空の天才」ことゲイリー・レフ(Gary Leff)。ニューヨーク・タイムズ紙でもこの「裁定取引」の実態が詳しく報じられているが、中国の安い労働力のおかげで(外側の環状部分と内側が切り離された)ユーロ硬貨を元通りにするコストも低く抑えられたとのこと。


コメントを残す