経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「あなたの一番の短所(弱点)は何ですか?」(2005年5月25日)/ アレックス・タバロック 「飛行機にゴルフボールは何個詰め込めるでしょう?」(2013年6月21日)

●Tyler Cowen, “Interview questions”(Marginal Revolution, May 25, 2005)


「就職面接でよく尋ねられるお決まりの質問がある。『あなたの一番の短所(弱点)は何ですか?』というやつだ」。どう答えたらいいものだろうか? The Volokh Conspiracyブログでオリン・カー(Orin Kerr)がそう問いかけている。

読者から寄せられた回答の中でもベストの答えはこれだろう。「クリプトナイトです」1

次点は「自己言及のパラドックス」を援用したこんな答えだ。「面接で嘘をつくことです」。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Google Interview Questions”(Marginal Revolution, June 21, 2013)


Googleの面接試験で問われるという有名な質問(難問)のことはご存知だろうか? どうやらあの質問は無駄なようだ。Googleの人事部でシニア・バイス・プレジデントを務めるラズロ・ボック(Laszlo Bock)が次のように語っている

採用する側として言わせてもらうと、面接で難問を出すのはまったくの時間の無駄。そう悟りました。『飛行機にゴルフボールは何個詰め込めるでしょう?』 『マンハッタンにはガソリンスタンドはいくつあるでしょう?』 こんな類の質問を問うというのは時間の無駄でしかありません。そんな質問をしたところで応募者の能力は一切予測できません。何かしらの役割を果たしているとすれば、(難問を考え出した)面接官が賢い気分に浸れるくらいのものでしょうか。

その一方で、「(構造化)行動面接」法はかなり有効な手法です。この手法では個々の面接官に好きなように質問を出させるのではなく質問項目があらかじめ決められており、応募者の評価に一貫性が保たれるような仕組みになっています。

行動面接法が成果を上げるのは仮定の質問ではなくこんな感じの(実体験を問う)質問を投げかける場合です。『分析にてこずる難題に直面したけれど何とか解決できた。そのような実例についてお教えいただけませんか』。行動面接法では応募者に実体験について語ってもらうことになるわけですが、応募者の回答を細かく検討していくと二種類の情報が得られることになります。そのあたりが行動面接法の興味深いところですが、まず第一にその応募者が(仮定の状況ではなく)現実に遭遇した状況の中でどう振る舞ったかについての情報が得られます。そして第二に非常に貴重な「メタ情報」が得られることにもなります。どういうことかというと、その応募者が一体何を「難しい」と考えているかについても知れるわけです。

  1. 訳注;クリプトナイトというのはスーパーマンが苦手とする鉱物。「弱点はクリプトナイトです」と答えることで「私はスーパーマン(あるいはクリプトン星人)です」と仄めかそうとしているわけである。 []

コメントを残す