経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「おそロシア? ~バラク・オバマが巻き込まれたスパイ小説さながらの展開~」(2009年7月5日)/「お上に嘘をついたことがありますか?」(2006年4月6日)

●Tyler Cowen, “The value of personal experience”(Marginal Revolution, July 5, 2009)


バラク・オバマ絡みで初見のエピソードを目にするというのは私にとって珍しいことだ。

バラク・オバマが(大統領になる前に)最後にロシアを訪れたのは2005年。オバマがまだ上院議員を務めていた時のことだが、旅の締め括りは苦々しいものだった。シベリア近くにある空港で保安職員に引きとめられて3時間も足止めさせられたのである。空港の待合室に閉じ込められただけでなく、パスポートも没収。ジョン・ル・カレの小説さながらの展開が待ち受けていたのだ。

後になってロシア当局は「あれは誤解(手違い)だった」と弁解したそうだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “жесткий is Russian for “intense””(Marginal Revolution, April 6, 2006)


ロシアを旅する何百万もの観光客はそのうち空港で嘘発見器と向き合わねばならなくなるかもしれない。ロシア国内の一部の空港でセキュリティチェックの一環として嘘発見器による検査の実施が検討されているのだ。ゆくゆくはロシア全土の空港に嘘発見器が導入される可能性もあるという。

嘘発見器の導入が検討されているのはモスクワにあるドモジェドヴォ空港。早ければ今年(2006年)の6月にも導入される見込み。テロリストや麻薬の密輸人を見抜くためというのが導入の目的だという。乗客には嘘発見器を前にして四つの質問――そのうちの一つは「これまでに公権力(お上)に嘘をついたことがありますか?」――に答えねばならないというひやひやものの試練が待ち受けている。

嘘発見器の前で答えねばならない質問は全部で四つ。一つ目の質問は氏名等の個人情報に関するもの。二つ目の質問はソビエトらしさ満載のぶっきらぼうな問いであり、怖気づかずにはいられない問い。「これまでに公権力(お上)に嘘をついたことがありますか?」 その後に続くのは武器や麻薬の所持の有無を問う質問。

乗客は靴を脱ぎX線検査装置で手荷物検査を終えてから嘘発見器による検査に臨むことになる。四つの質問にちゃんと答え終わらないと脱いだ靴は返してもらえない。いずれの質問も検査結果が出るまでには1分程度かかる。「検査で不合格となった(嘘をついているとの結果が出た)お客様は特別警備員に伴われて小さな部屋に通されることになります。そこでいささか張り詰めた雰囲気の中でいくつか質問に答えていただくことになります」。そう語るのはドモジェドヴォ空港でITディレクターを務めるウラジミール・コルニーロフ氏。

完全自動化されたその嘘発見器の名前は”Truth Verifier”。古臭いスパイもののフィクションでお馴染みのポリグラフとは似ても似つかない代物だ。乗客は受話器に話しかけるだけ。イスラエルに拠点を置く会社が開発した”Truth Verifier”には「多層音声解析(LVA)」技術が組み込まれており、そのおかげで乗客が記憶を正確に辿って答えているのかそれとも空想を働かせて答えているのかを見分けることができるという。

全文はこちら


コメントを残す