経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「かわいいの力 ~キュートな動物の写真を眺めると集中力が高まる?~」(2012年10月5日)

●Tyler Cowen, “Looking at pictures of cute animals makes you work more carefully and deliberately”(Marginal Revolution, October 5, 2012)


どうやらそうらしい

眺めていると顔がほころぶような普遍的なかわいさを備えている子犬や子猫などの写真を見ると単に心が和むだけではなくさらなる恩恵も伴う可能性があることが日本の研究者による実験で明らかになった。そういった写真を眺めると集中力が高まるらしいのだ。

論文のタイトルも的確だ。すなわち、「かわいいの力」(“Power of Kawaii”)。「かわいい」というのはキュートという意味。件の論文はさる木曜日にオンラインジャーナルである「PLOS ONE」に掲載されたばかり。実験を行ったのは広島大学に籍を置く研究チーム。三つの異なる実験を通じて子犬や子猫の写真を見た後には集中力が高まることが立証されている。1

情報を寄せてくれたMark Thorsonに感謝。

  1. 訳注;この研究について詳しくは例えば次も参照されたい。 ●“「かわいいものを見ると集中できる」ことを発見!-日本発「かわいい」の新たな可能性を示す-”(研究者インタビュー「研究NOW」, 第31回 入戸野宏 准教授(広島大学大学院総合科学研究科), 2012年12月4日) []

コメントを残す