経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「アスリートはベイジアンか?」

●Tyler Cowen, “Are athletes Bayesians?”(Marginal Revolution, January 21, 2004)


アリゾナ大学に所属する経済学者のマーク・ウォーカー(Mark A. Walker)とジョン・ウーダース(John C. Wooders)は、ビョルン・ボルグやイワン・レンドル、ピート・サンプラスといった往年の名テニスプレイヤーの試合のビデオをつぶさに見返した。それぞれの選手がサーブを打つ際に相手のフォアハンド側とバックハンド側にどれだけ巧みにランダムにボールをちりばめているかを調べたのである。

実験室で同様のテストをした場合、多くの人々は思わしくない結果を残す傾向にある。例えば、何度もコイントスを繰り返したと想像してその結果を紙に書き出すよう依頼された場合、表や裏が複数回連続して出ると答える人はほとんどいないことだろう。コインをトスした場合に表が出るか裏が出るかの確率は五分五分だということを知っているため、多くの人々は裏が3回連続して出たり表が4回連続して出たりする可能性を過小評価してしまうのである。

しかし、プロのテニスプレイヤーは、フォアハンド側へのサーブ後にはバックハンド側にサーブが来る可能性が高いと相手にわかられてしまうと自分が不利になってしまうと-意識のいずれかのレベルで-理解しているようである。ウォーカーとウーダースが2001年の論文で報告しているように、コンピュータープラグラムの計算ほどにはランダムではないにせよ、プロのテニスプレイヤーはサーブを相手のフォアハンド側とバックハンド側にかなり巧みにちりばめて打ち分けているということだ1

その他の実験でも同様の結果が得られているということだ。詳細はこちらを参照してほしい。

記事の中で指摘されている次のポイントは重要である。

何らかの決定を下そうとしている状況において-例えば、テニスのコート上で突然風が吹き出したり、フットボールの試合中に雪が降ったり、ハイウェイで運転している際に視界が暗闇に包まれたりするなどして-不確実性が高まるほど、人々は意思決定にあたってたった今手に入ったばかりの情報に頼る度合いを減らす一方で、潜在意識内の記憶に頼る度合いを高めるようになるというわけだ2

関連する話題としてクレムゾン大学の院生であるドル・コジョク(Doru Cojoc)の研究にも触れておこう。過去にも紹介したことがあるが、彼の研究によるとチェスのプレイヤーは相手を惑わすために混合戦略を用いている3ということだ。それも大きな大会になるほどそのような洗練された戦略が用いられる可能性が高まるというのだ。

ところで、こちらで紹介されているように、植物も呼吸するにあたってあたかも計算を行っているかのように見えるということだ。かつてアーメン・アルチャン(Armen Alchian)が似たような仮説4 -植物ははっきりとそう意識することなく体に受ける日光の量を最大化するように振る舞っている-を述べていることをご存知の読者もいることだろう。

  1. 訳注;ウォーカーとウーダースによるこの研究のそれほどテクニカルではない紹介としては、Mark Walker and John Wooders, “Mixed Strategy Equilibrium(pdf)”(in The New Palgrave Dictionary of Economics)も参照のこと。 []
  2. 訳注;状況の不確実性が高まるほど、新たに入手したばかりの情報だけではなく、過去の体験(≒事前確率)も加味して意思決定を下すようになる(ベイジアンのように振る舞うようになる)、ということ。 []
  3. 訳注;最初の1手目をランダムに選ぶ []
  4. 訳注;リンクが切れており該当するページを見つけ出すことができなかったため、別のリンク先に貼り変えてある。 []

コメントを残す