経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「オハイオ州立大学のフットボールチームの勝敗がホワイトハウスへの切符を賭けたレースの行方を決定づける?」

●Tyler Cowen, “Will Ohio State’s football team decide who wins the White House?”(Marginal Revolution, October 25, 2012)


ブログタイトルとそっくり同じタイトルの論説をケヴィン・グリアー(Kevin Grier)と共著でSlate誌に寄稿したばかりだが、以下に内容の一部を引用しておこう1

それでは有権者が抱える非合理性はどのようなかたちをとって表れるのだろうか? 最近の研究によれば、投票が実施されるまさにその同じ州で直前に行われたカレッジフットボールの試合結果がホワイトハウスへの切符を賭けたレースの行方を決定づける可能性があるという。

このことは、経済学者であるアンドリュー・ヒーリー(Andrew Healy)とニール・マルフォートラ(Neil Malhotra)、そしてセシリア・モー(Cecilia Mo)が共同で執筆し、『米国科学アカデミー紀要』(Proceedings of the National Academy of Science)に掲載された大変魅力的な論文で実証的に明らかにされている。この論文では大統領選挙や上院議員選挙、州知事選挙の直前に行われたカレッジフットボールの試合結果が有権者の投票行動に影響を及ぼすかどうかが検証されており、投票日前の1週間内に行われたゲームで地元チームが勝利すると現職の得票率がおよそ1.5%ポイントだけ上昇するとの結果が見出されている。さらに、観客動員数トップ20のチーム-ミシガン大学やオクラホマ大学、南カリフォルニア大学といったビッグチーム-に関しては、そのチームが投票の直前に勝利すると現職の得票率は3%ポイントだけ上昇するということだ。これはかなりの数の票であり、接戦の選挙戦で勝利を掴む上で決して無視はできない規模である。なお、以上の結果はごく限られた試合や少数の選挙期間のデータに依拠して得られたわけではないことを指摘しておこう(実証分析では1964年から2008年にかけて行われた全米62のトップチームのゲームのデータが利用されている)。

この論文が伝える良いニュース-と思われるのだが-は、スポーツは我々を元気づけ、日々の生活に一層の輝きをもたらしてくれる、ということである。応援するチームの勝利を目にしたスポーツファンは、競技場においてだけではなく競技場の外でも幸せを感じ、満足感に浸ることになるだろう。幸せや気持ちの高ぶりを感じている時、人は現状(status quo)に一層の満足を覚えがちとなる。そして、現状への満足感が人をして現職の政治家への支持(投票)に向かわせるというわけだ-それがどんなに非合理的な振舞いであるとしても-。

論文では経済的・人口的・政治的な諸要因に対してコントロールが加えられており、それゆえ先の結果は単なる相関よりもずっと精緻なものであると言える。また、人々の予想を考慮に入れた分析にも踏み込まれており、特に予想外の勝利によって有権者がかなり強く影響されることが見出されている。地元チームが予想外の勝利を収めた場合、現職の得票率はおよそ2.5%ポイントだけ上昇するというのだ。

  1. 訳注;あまり大きな声では言えないが、全訳はこちらで読むことができる。 []

コメントを残す