経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「チャイナフリーの一年 ~中国製品を買わずに1年間過ごしてみた~」(2007年7月2日)

●Tyler Cowen, “A Year Without Chinese Goods”(Marginal Revolution, July 2, 2007)


サラ・ボンジョルニ(Sara Bongiorni)とその家族は中国製品に一切頼らず(中国製品を一切買わず)に一年を過ごしてみようと企てた。その計画をいざ実行に移してみたところ、中国製品に頼らずに生活するというのはそんな簡単な話じゃないと思い知らされたのであった。サラ・ボンジョルニがその顛末をまとめた本が『A Year Without ‘Made in China’』(邦訳『チャイナフリー:中国製品なしの1年間』)だ。

本? 本ってのは印刷された本? あれかい? 紙とインクからできている本のこと? サラに幸あれ。サラのことは決して嫌いじゃないけれど、今度君が出すという「中国製品」を僕宛てに寄こしてくれても残念ながら少なくとも1年間は――あるいはおそらくそれから先も――それを読めそうにない。

上の引用の続きはこちら


コメントを残す