経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「プーチン大統領の『遅刻癖』に秘められた意図とは? ~社会的地位の低い相手との待ち合わせには時間通りやってくるのかしらん?~」(2013年11月27日)

●Tyler Cowen, “But is he on time for low status people?”(Marginal Revolution, November 27, 2013)


ローマ法王フランシスコとの初めての会談に予定よりも50分遅れて登場したウラジミール・プーチン。このようなことは件のロシア大統領にとっては何ら珍しいことではなく、むしろ通常運転だ。プーチン大統領の「遅刻癖」は権力というものに対する彼なりの態度を窺い知る何らかの洞察を与えてくれるかもしれない。

プーチン大統領は2003年に元法王のヨハネ・パウロ2世と会談しているが、その際は時間通りに会場に現れた。プーチン大統領が時間を厳守したことは異例の出来事として注目を集めた。ロシアの日刊紙であるイズベスチアには「大統領はたったの一秒も遅刻せずにやってきた」との見出しが躍ったほどだ。ちなみに、ヨハネ・パウロ2世と2000年に会談した際には15分の遅刻を犯している。

各国の首脳がプーチン大統領と会うために耐え忍ばねばならない時間の長さは様々だ。例えば、イギリスのエリザベス女王は14分待たされたし、元ウクライナ首相のユーリヤ・ティモシェンコは3時間も待たねばならなかった。外交儀礼上でイギリス女王やローマ法王ほどの要人はそうそういないだろうし、ウクライナ以上にプーチン大統領が屈辱を与えてやりたいと思う国は他にないだろう1

プーチン大統領は大体30分遅れてやってくるのがよくあるケースのようだ。半時間の遅刻というのは待たされる相手を怒らせるには十分(じゅうぶん)という国もいくつかあるだろう。プーチン大統領が韓国大統領(当時)の朴槿恵との会談に30分遅れで現れた際には韓国国内で失礼な行為と見なされたものだ。

しかしながら、これまでのところはどの首脳もプーチン大統領の登場を辛抱強く待ってくれている(プーチン大統領の遅刻を理由に会談をキャンセルした首脳はこれまでのところ一人もいない)ようだ。

全文はこちら2。この記事を教えてくれたElizabeth Dickinsonに感謝。

  1. 訳注;おそらくはプーチン大統領の遅刻は単なる癖というにどとまらず意図的なところもある(イギリス女王やローマ法王といった外交儀礼上の最重要人物が相手の場合は待たせる時間も短めに抑える一方で、屈辱を味わわせたいと思っている相手の場合は待たせる時間を長めにしている)ということが言いたいのであろう。 []
  2. 訳注;プーチンは昔から遅刻の常習犯だったようだ。例えば、この記事の後段ではプーチンの元夫人による次のような回想が紹介されている。「若かりし頃のプーチンは将来妻となるリュドミラとのデートの待ち合わせにも遅刻してやってくるのが常だった。『私は一度もデートに遅刻したことはありませんでしたが、ウラジミールは毎度のように遅刻してきたものです。1時間半の遅刻は日常茶飯事。待たされることはわかってはいたのですが、こちらは遅刻できませんでした。というのも、こう考えたからです。今日こそは時間通りにやってくるかも、と』。・・・(略)・・・『予定の時間を15分過ぎるくらいならまだ大丈夫。30分過ぎてもまだ何とか大丈夫です。でも、1時間過ぎてもまだやってこないとなると、傷心で涙したくなります。そして1時間半も待たされるともう何の感情も残っていないものです』」。
    なお、この記事の後段では遅刻が持つ意味について次のような心理学的な説明も紹介されている。「『遅刻を繰り返すことであなたが得る見返りは何だろうか? 何らかの見返りがないようであれば何度も何度も遅刻するなんてことはないだろう』。億万長者の心理学者であるフィル・マグローは遅刻常習犯をテーマにしたコラムの中で次のように書いている。『遅刻するというのは他人を犠牲にして状況を操作ないしコントロールしようとする術の一つだということを理解すべきだ。あなたが遅刻するとする。すると待ち合わせに時間通りにやってきた面々はあなたを待たねばならなくなる。待たされているみんなの間ではあなたの話題で持ち切りだ。つまりは、みんなは待つはずだし待ってくれるに違いないとの想定のもとに何とも不当なやり方で状況をコントロールしていることになるわけだ。遅刻するというのはかくも傲慢な行為なのだ』」。 []

コメントを残す