経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「リチャード・セイラーが若手研究者へ向けて送るアドバイス」(2013年1月23日)

●Tyler Cowen, “Career advice from Richard Thaler”(Marginal Revolution, January 23, 2013)


学者に成り立ての若手研究者に向けて私なりにアドバイスを送るとすると、指導教官から分け与えられた借り物のアイデアではなく(あるいは指導教官から押し頂いたアイデアに加えて)己のうちから湧き上がってくるアイデアに磨きをかけるべし、ということになるでしょう。それに加えて、考えるための時間を増やす一方で読むための時間は抑えるべきです。他人の研究を読むことに時間を費やしすぎると既存の研究にちょっとしたひねりを加えようとする方向に思考が向かってしまいがちです。まずは論文を書き上げる。その後にはじめて関連文献を渉猟する(あるいは、こっちの方がよくある話ですが、書き上げた論文をジャーナルに投稿して論文の査読者にどの文献を読まなきゃならないかを教えてもらう)。それが私なりの戦略です。極端な戦略ではあるでしょうが、あれもこれも一つ残らず読み尽くそうと試みるよりはマシです。あとは誰も手をつけていない話題を見つけてその話題を取り扱った一番乗り(一番最初の論文の書き手)になるよう心掛けるべきでしょう。10番目じゃだめです。50番目なんてもってのほかです。

インタビューの全文はこちら


コメントを残す