経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「休暇中にこんな本を手に取ってみてはいかが? ~マンキューの推薦図書10冊~」

●Tyler Cowen, “Greg Mankiw’s summer reading list”(Marginal Revolution, May 11, 2006)


マンキュー(Greg Mankiw)が夏休みを迎える学生達に向けて休暇中にこんな本を読んでみたらどうかと推薦図書のリストを作成している。

大変優れた選択だと思う。私の個人的なお薦めを付け加えると、グローバリゼーションについて学ぶにはマーティン・ウルフ(Martin Wolf)のWhy Globalization Works(未邦訳)、そして経済発展の問題についてはジョン・ケイ(John Kay)のCulture and Prosperity(邦訳『市場の真実-「見えざる手」の謎を解く』)なんてどうだろうか? そして中国経済に関しては・・・・何かお薦めはあるだろうか? 経済史についてはロバート・フォーゲル(Robert Fogel)のThe Escape from Hunger and Premature Death, 1700-2100(未邦訳)がお薦めだ。

(追記)アーノルド・クリング(Arnold Kling)もお薦めの本を何冊か挙げている。


コメントを残す