経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「天候なんてそんなに気にするな」(2016年12月4日)

●Tyler Cowen, “Why you should worry less about the weather, especially when you travel”(Marginal Revolution, December 4, 2016)/【訳者による付記】本サイトで訳出されているタイラー・コーエン 「耐久消費財としての『記憶』」(2014年4月7日)とあわせて参照されたい。


いや、気候変動のような地球レベルの話をしたいわけじゃない。旅行という個人レベルのお話だ。旅先で天気が悪いとその最中は居心地も悪くて気分も乗らない可能性がある。しかし、旅先で稀に見る悪天候に襲われたとしたらその旅の「記憶」は強められて後々まで長続きする傾向にある(「あの時のことはよく覚えているよ。インドのゴアを訪れたんだけど、モンスーンが予想よりも早くやってきてね」云々)。「今現在の効用」(旅行の最中に得られる満足)をできるだけ高めることに意識が向き過ぎて「重みのある記憶」を培う(育む)ことが疎(おろそ)かにされる。旅先での天候を気にし過ぎるというのはそのことの表れなわけだ。


コメントを残す