経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「女性の声の高さには文化差がある?」(2006年9月5日)

●Tyler Cowen, “What does voice pitch indicate?”(Marginal Revolution, September 5, 2006)


日本女性の声は他の大抵の国(文化)の女性の声と比べて甲高い傾向にある。アメリカ女性の声は日本女性の声よりも低い傾向にあるし、スウェーデン女性の声はアメリカ女性の声よりも低い。そしてオランダ女性の声はスウェーデン女性の声よりも低い傾向にある。声質の違いは自他の差異を表現するための方法の一つである。オランダ社会では理想の男性像と理想の女性像との間に大して違いがなく、そのためもあってオランダでは男性と女性との間で声の高さにほとんど違いが見られないのだ。オランダでは高音よりは中低音の声の女性の方が魅力的だとも思われている。

以上はつい最近(2006年8月に)出版されたばかりの興味深い一冊である『The Human Voice: How this Extraordinary Instrument Reveals Essential Clues About Who We Are』(邦訳『「声」の秘密』)から引用したものだ。著者はアン・カープ(Anne Karpf)。男女間での声の高さの違いをテーマにした博士論文も見つけたが(そのアブストラクトはこちら)、経済学の世界でいうところの「シグナリング」のアイデアといくらか関わりがある議論が展開されている。


コメントを残す