経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「我が子に珍しい名前を付けるべきもう一つの理由」(2006年10月7日)

●Tyler Cowen, “Another reason to give your kid a weird name”(Marginal Revolution, October 7, 2006)


ケヴィン・ドラム(Kevin Drum)が次のように報じている

空港当局(運輸保安庁)がテロリストの可能性ありと疑われる乗客をあぶりだすために使用している「搭乗拒否リスト」。『60 Minutes』の制作に携わる記者のスティーブ・クロフト(Steve Kroft)がそのリストのコピーをどうにかして手に入れたそうだ。リストに載っている氏名とは?

ゲイリー・スミス、ジョン・ウィリアムズ、ロバート・ジョンソン。搭乗拒否リストに載っている氏名の一例だ。クロフト記者が総勢12名の「ロバート・ジョンソン」氏に取材をしたところ、全員がほぼ毎回のように空港での保安検査で引きとめられた経験があると語ったという。厳重な身体検査を要求されるなどして旅の計画が遅れに遅れることも。

「そうですね。『ロバート・ジョンソン』がリストから削除されることは絶対にないと思います」。そう語るのはドンナ・ブッセラ(Donna Bucella)。搭乗拒否リストの作成を取り仕切るとともに、2003年からFBIのテロリスト監視センターのトップを務めている人物だ。搭乗拒否リストに氏名が載っている方々には不愉快な思いをさせて申し訳ないと陳謝しながらも、「9・11」以後の世界で安全を守るためには必要な代償だとも語る。「搭乗拒否リストに氏名が掲載されている方々は空港を訪れるたびに不便な体験をされることでしょう。それもこれもテロリストであることが確定している人物ないしはテロリストの疑いのある人物と同姓同名なためなのです」とブッセラ。

言いたいことはわかる。上院議員の中に「ロバート・ジョンソン」がいたらどうなる? その場合FBIは搭乗拒否リストがいくらか乗客に優しくなるようにあれこれ工夫を凝らすに違いない。我々有権者一同は「ロバート・ジョンソン」を上院選で当選させるべきなのかもしれない。

これから生まれてくる息子が悪ガキ(悪人)に育ちそうだと予想する親は我が子に「ジョン」という名前を付ける(息子の名前がデート相手にグーグルで検索されても大丈夫なように1)。その一方で犯罪と関わり合いたくない市民は「ジョン」という名前の持ち主を避けるようになる。かくしてほんの数世代もすれば新しい「分離均衡」が定着するに至る2ことだろう。

  1. 訳注;悪ガキである息子の名前が珍しいものだとデート相手にグーグルで名前を検索されると悪事がすぐにばれてしまう恐れがある。その一方で、息子の名前が悪人に多い名前(例えば「ジョン」)と一緒だとグーグルで検索してヒットした悪ガキの「ジョン」がこれからデートする予定のジョン君その人のことを指しているのかどうかわからない。 []
  2. 訳注;「ジョン」という名前が善人か悪人かを識別する有効なシグナルとなる、という意味。 []

コメントを残す