経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「我は『ラムス主義者』なり ~空間、記憶、乱雑さ~」(2005年9月22日)/「乱雑さの擁護」(2007年1月3日)

●Tyler Cowen, “Tyler Cowen, Ramist”(Marginal Revolution, September 22, 2005)1


私には空間(場所)と結び付けてあれこれ記憶を整理する癖がある。そのおかげでCDのコレクションは何千枚にも上るが何があるか一枚残らず覚えている。しかしながら、iTunesに入っている曲となるとその数はそんなに多くないのにまったく思い出せない。大学の研究室であれ自宅であれ床一面に論文が散らばっているが、どこに何があるか覚えているし、その雑然とした光景に備わる意味も難なく読み取れる。私の身の回りにある「乱雑さ」はどれもこれも作り替えのできない情報を含んでいるのだ。

ありがたいことに私の妻は寛大な心の持ち主だ2。私が一番恐いのは仕事熱心過ぎる3お手伝いさん(家政婦)だ。

住んでいる家が今よりも狭かったら私の精神世界は今よりもずっと貧相なものとなっていたことだろう。車であちこちドライブするのが好きなのも海の近くには住みたくないのもそのため4なのだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “In Defense of Mess”(Marginal Revolution, January 3, 2007)


ノーベル経済学賞の受賞者でありシカゴ大学の経済学部で教授を務めるロバート・フォーゲル(Robert Fogel)は目の前にある机に本が高く積み上がっているのに気付くと座っている椅子のすぐ背後に新しく机を用意した。こうして二つの机の間で本の積み上げ競争(散らかし競争)がはじまったのである。

A Perfect Mess: The Hidden Benefits of Disorder』(邦訳『だらしない人ほどうまくいく』)からの引用だ。著者はエリック・エイブラハムソン(Eric Abrahamson)&デイヴィッド・フリードマン(David Freedman)。乱雑さ(混沌、だらしなさ)の擁護論が展開されている面白い一冊だ。私もかつてこちらのエントリーで同様の話題を取り上げているのであわせて参照されたい。

  1. 訳注;「ラムス主義者」(Ramist)というのはペトルス・ラムス(Petrus Ramus)の流儀に倣う立場の人々を指す言葉であり、ここでは記憶術の一種である場所法の実践者という意味が込められている。 []
  2. 訳注;「散らかり放題じゃない。いい加減片付けなさいよ」とガミガミ言わないし、勝手に片付けたりしない、という意味。 []
  3. 訳注;お手伝いさんとしての役目を全うするべく何から何まできっちりと整理整頓しようとする、という意味。 []
  4. 訳注;空間(場所)と結び付けられた記憶(あるいは記憶したい対象を結び付けるために使える場所の数)を溜め込むため、という意味。 []

コメントを残す