経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「日本に中華料理が広まるようになったきっかけ」

●Tyler Cowen, “The history of Chinese food in Japan”(Marginal Revolution, May 25, 2008)


このように日本人の間で餃子は大きな人気を集めるようになったわけだが、中華料理が日本に広く普及するようになったのはずっと昔に遡る。そのお膳立てをしたのは1860年代に横浜や長崎、神戸といった都市に足を踏み入れた多くの西洋人たちだ。1871年に日清修好条規が締結されるまでは中国人は日本に滞在する法的な権利を認められてはいなかったが、西洋列強の庇護の下で中国人も西洋人とともに日本に足を踏み入れることになったのである。西洋の商人たちは家事や(元々は中国の沿岸で行っていた)商売をやりくりする上で中国人スタッフ――使用人や事務員、仲買人――に大きく依存していたのである。(日清修好条規が締結されて以降の)1870年代~80年代に入ると、中国の商人たちも日本に続々と進出し始め、開港場に設けられた外国人居留地の滞在者の過半数が中国人で占められるようになるまでそう時間はかからなかったのであった。

これはKatarzyna J. Cwiertkaによる『Modern Japanese Cuisine: Food, Power and National Identity』の中から引用したものだ。この本を読んで私が学んだことの一つは、日本において「国民食」(national cuisine)なる存在が生み出される上で戦争体験がどれだけ大きな影響を持ったかということだ1。例えば、戦前の日本の田舎の多くでは醤油やお米は食卓を飾るありふれた存在ではなかったのだ。

  1. 訳注;この点について詳しくは例えばCwiertka氏の次の記事や論文も参照のこと。 ●Katarzyna J. Cwiertka, “Militarization of nutrition in wartime Japan(pdf)”/“Popularizing a Military Diet in Wartime and Postwar Japan(pdf)”  []

コメントを残す