経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「時刻がわからない時計 ~ヴェブレン財は至る所にあり?~」(2008年5月2日)/「ステータスシンボルとしての矯正装置」(2013年1月6日)

●Tyler Cowen, “Markets in everything, Thorstein Veblen edition” (Marginal Revolution, May 2, 2008)


時刻がわからない(針のない)時計、そのお値段何と30万ドル(およそ3400万円)。

時刻を教えてくれる時計なら誰でも買えるが、時刻がわからない時計となると買えるのは見る目のあるお客だけだ。(件の時計を発売した時計メーカーの最高経営責任者である)イヴァン・アルパ氏はそう付け加えた。

そして一番のニュース。件の時計は発売開始から48時間で完売したという。

この情報を寄せてくれたのはDarren Kleinだ。感謝。

(追記)ボルヘス(Jorge Luis Borges)がヴェブレンについて次のように語っていたことを思い出す。「もう何年も前の話になるが、ヴェブレンの『有閑階級の理論』を何かのきっかけでたまたま読んだことがある。その時は風刺作品かなんかだろうと思いながら目を通したものだ。名のある社会学者の処女作だと知ったのは後になってからのことだ」。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Signaling markets in everything: fashion braces”(Marginal Revolution, January 6, 2013)


東南アジアで暮らす十代の若者たちが100ドルを超える大金を出してでも手に入れようと群がっているのが「ブラック・マーケット・ブレース」と呼ばれる偽物の(歯の)矯正装置だ。偽物なので歯の矯正には使えない。ファッショングッズの一つとして役立てられている。・・・そしてステータスシンボル(富と地位の象徴)としても。米国だと歯に矯正装置をはめるというのはダサいと見なされるかもしれないが、バンコクだとかでは事情が違う。バンコクだと歯科に通って本物の矯正装置をはめてもらおうとすると1200ドル近くはかかる。歯の治療は普通の庶民には手が届かない贅沢なのだ。そういう事情もあって、矯正装置は(東南アジアの一部の地域において)思わぬかたちでステータスシンボル(富と地位の象徴)としての役目を担うに至っているのだ。

全文はこちらDaniel Lippman経由で知った情報)。関連する話になるが、香港では場所によって駐車場代がかなりの高額にのぼるところもあるようだ(同じくDaniel Lippman経由で知った情報)。


コメントを残す