経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「最も幸せそうに見える経済学者は誰?」

●Tyler Cowen, “Who is the happiest-looking economist?”(Marginal Revolution, June 18, 2008)


街を歩く一般人に複数の経済学者の顔写真――顔写真は各人のホームページにアップされているものを使用――を見せて「この中で誰が一番幸せそうに見えますか?」と尋ねたところ、エドモンド・フェルプス(Edmund Phelps)が勝利の栄冠を手にしたということだ。詳しくはこちら(pdf)の論文(“Mirror, mirror on the wall, who is the happiest of them all?”1)を参照のこと。ウィル・ウィルキンソン(Will Wilkinson)がこの論文の内容を要約しているが――そもそもこの話題はウィルキンソン経由で知った――、論文の中から次の文章を引用している。

・・・若き経済学徒へのアドバイスをまとめると次のようになるだろう。幸せになりたいのならマクロ経済学か「幸福の経済学」の分野に進むことをお薦めする。ノーベル(経済学)賞を受賞したからといって幸福度が増すわけではない。女性ウケがよくなりたいならエドモンド・フェルプスやブルーノ・フライ(Bruno Frey)、そしてリチャード・イースタリン(Richard Easterlin)に教えを請えばいいだろう。赤ワインのような年のとり方をしたいのであればジョセフ・スティグリッツ(Joseph Stiglitz)ジャン・ティロール(Jean Tirole)がその秘訣を知っているはずだから機会があれば尋ねてみるといい――ただし、イースタリンには聞いても無駄だ――。

今回の候補者の中には含まれていないのだが、個人的にはミルトン・フリードマンも大変幸せそうに見えたものだ。

  1. 訳注;ジャーナル掲載版はこちら  []

コメントを残す