経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「空港での当てっこゲーム」(2006年12月2日)

●Tyler Cowen, “Silly guessing games”(Marginal Revolution, December 2, 2006)


この中に地元の人間はどのくらいいるだろう? 空港に集う旅行客の群れを眺めながらそんなことを考えるのが好きだったりする。飛行機を乗り降りする旅行客の多くが地元の人間によって占められている空港があるとしよう。その空港がある都市というのは一体どんな特徴を備えているだろうか? 

例えば、都市の規模が小さいとどうだろうか? 小都市にある空港はそこに集う旅行客の中に地元の人間が占める割合が高い傾向にあるだろうか? 小都市だと人口が少ないので空港に押し寄せる地元の人間の数も少なくなるが、その一方で例えば飛行機に乗って(ノースカロライナ州にある)グリーンズボロにやって来るニューヨーク在住の人間の数はそう多くはないだろう。

空港に集う旅行客の中に占める地元の人間の割合の多寡を左右する要因はいくつか考えられるだろう。その空港がある都市の住人が旅行好きかどうか、その空港がある都市が旅行先としてどれだけの魅力を備えているか、その空港がハブ空港としての機能を備えているかどうか。

シカゴにアトランタ、そしてデンバーにある空港には地元以外の人間がたくさん集っているに違いないと容易に予想がつく。それではその反対に(飛行機を乗り降りする旅行客の中に占める)地元の人間の割合が高い空港を持つ(アメリカ国内の)都市というのはどこになるだろうか? 旅行に飢えている住人が暮らす退屈な都市で観光スポットもこれといってなければハブ機能も備えていない都市。ミネアポリスとか?


コメントを残す