経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「経済学の世界も同類婚という現象と無縁ではない?」

●Tyler Cowen, “Assortative mating”(Marginal Revolution, February 20, 2007)


先月のニューヨーク・タイムズ紙でデイビッド・レオンハート(David Leonhardt)が興味深い論説を執筆している。“The Future of Economics Isn’t So Dismal”(「経済学の未来はそれほど暗くはない」)と題されたこの論説では13人の(今のところはテニュアをとっていない)若き経済学者の業績が紹介されている。

・・・(中略)・・・

私が個人的に目を引かれたのは、レオンハートが紹介している13人の新進気鋭の経済学者のうち6人が配偶者同士だということだ。例えば、シカゴ大学に所属するエミリー・オスター(Emily Oster)の夫は同じくシカゴ大学のジェシー・シャピロ(Jesse Shapiro)である。ついでながらオスターの両親はともに経済学者-父親のレイ・フェア(Ray Fair)も母親のシャロン・オスター(Sharon Oster)もともにイェール大学に勤める経済学者-というおまけつきである。大事なことは家族だけの秘密にしておけ(keeping it in the family)1とはまさにこのことだ。さて、残す2組のカップルは、マサチューセッツ工科大学のエイミー・フィンケルシュタイン(Amy Finkelstein)とハーバード大学のベンジャミン・オルケン(Benjamin Olken)のカップル、そしてともにカリフォルニア大学バークレー校に勤めるウルリケ・マルメンディア(Ulrike Malmendier)ステファノ・デラヴィグナ(Stefano DellaVigna)のカップルである。

ところで、ペンシルバニア大学ウォートンスクールのジャステン・ウォルファーズ(Justin Wolfers)の妻もまた経済学者である。レオンハートの論説で紹介されている13名の中には含まれていないが、ウォルファーズの妻はハーバード大学から博士号(PhD)を取得した後にフィラデルフィア連銀とサンフランシスコ連銀で2年間働き、そして現在はペンシルバニア大学ウォートンスクールの助教授の地位にあるベッツィー・スティーブンソン(Betsey Stevenson)である。つまり、(レオンハートの論説の中で紹介されている)将来を嘱望されているアメリカ経済学界の若きスターの半分以上(13人中7人)が同業の経済学者をパートナーに迎えているのだ。

全文はこちらを参照のこと2

  1. 訳注;コメント欄で山形浩生氏がご指摘くださっているように、”keeping it in the family”には「財産や農場などを一家で持つようにして部外者に渡すな」といった話も含まれるとのこと。親も配偶者も経済学者で占められている状況を見て、まるで経済学という秘密(?)の知識を家族以外の部外者に渡すまいとしているようだ、というようなことが言いたいのかもしれない。 []
  2. 訳注;上の引用箇所で言及されている経済学者の所属等は2007年当時のもの。リンクは各自最新のページに貼り変えてある。 []

Comments

  1. keeping it in the family は、必ずしも秘密を守るだけでなく、財産とか農場とかを一家で持つようにして部外者に渡すな、という話も含まれます。どう訳せばいいのか、と言われると迷うところですが……

    • コメントありがとうございます。私もどう訳したらいいものか迷った挙げ句にああいう感じに訳してしまったのですが、一家で共有して部外者に渡さないという話になりますとその対象は経済学ということになるのかもしれないですね。親と配偶者とで経済学という秘密の知識を持ち寄ってそれを部外者に渡さないといったような意味合いなのかもしれません。

コメントを残す