経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「総裁の表情は(金融政策の行方を占う)水晶玉の代わりとなり得るか?」(2017年11月1日)

●Tyler Cowen, “Dept. of Just Wait, central banker edition”(Marginal Revolution, November 1, 2017)


人工知能(AI)の助けを借りて黒田総裁の表情を分析し、その分析結果を基にして金融政策の変更を予測する。そのような可能性を仄めかす研究結果に対して黒田東彦日銀総裁はすげない態度で応じた。

AIの研究を専門とする2名の研究者――それぞれ野村證券とマイクロソフト社に所属――がソフトウェア(感情認識アルゴリズム「エモーションAPI」)を使って日銀金融政策決定会合後の総裁記者会見の映像を解析し、黒田総裁の一瞬一瞬の表情の変化を分析1。火曜日(10月31日)に開かれた(金融政策決定会合後の)記者会見の場で黒田総裁は記者からその研究結果をどう思うかと意見を求められた2

日銀による金融政策のここ最近の主要な変更としてはマイナス金利の導入とイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の導入が挙げられるが、AIを使った件の研究によると、そのどちらのケースでも新しい政策の導入が決定された金融政策決定会合の一つ前の(金融政策決定)会合後に開かれた記者会見で黒田総裁の顔に「怒り」や「嫌悪」の感情を示すサインがチラッと浮かんだという。

全文はこちらデイビッド・ウェッセル経由で知ったもの)。

  1. 訳注;以下がその研究。 ●水門善之&勇大地, “日銀総裁会見の表情解析に基づく感情値の計測と金融政策変更との関係” []
  2. 訳注;そのやりとりの模様は以下のような感じ(pdf; pp. 12)。「(問)2点伺います。・・・(略)・・・2点目は、一部で、総裁の記者会見での表情に政策のインプリケーションがあるのではないかというAI分析等が出ていますが、ご所見があればお願いします。
    (答)・・・(略)・・・もう1つのAIについては、やっている方には申し訳ないですが、あまり意味があるかどうかよく解からないのと、私は特にそのようなことはしませんが、そのように特定の指標で判断するとなると、そのようにならないように人は行動しますので、いたちごっこになってしまうと思います。」 []

コメントを残す