経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「自分の子供にサンタの正体を明かすべきか?」(2014年12月24日)

●Tyler Cowen, “Should you lie to your children about Santa?”(Marginal Revolution, December 24, 2014)


世の親たちは自分の子供にサンタは巷間に流布しているイメージのような人物ではないことを黙っておくべきなのだろうか? サンタの正体を明かすとしたらそれは誰だと伝えるだろうか? ウィル・ウィルキンソン(Will Wilkinson)が次のように語っている

今や我々は神を信じていない。とは言っても、自分の息子を無理矢理無神論者に仕立て上げるつもりはない。息子に特定の思想を押し付けるつもりはなく、そんなことには興味はない。私が育児の面で興味を持っていることと言えば、真実に辿り着く可能性をできるだけ高めるために理性をどう働かせたらよいかを教えることくらいだ。この現実の世界に関する最も興味深い真実の一つというのは、大勢の人々が加担するちょっとした陰謀に支えられるようにして強力な神話の体系が築き上げられていることだ。世の人々は数ある神話の中からどれか一つを選び出して、それを本気で信じ込もうとしているように見える。このような共同幻想のシステムがどのように機能しているかを深く理解するためには自分も実際にその中に参加してみる必要がある。超自然的な存在に関する共同幻想がいかなる社会心理学的なメカニズムによって支えられているかを子供に学ばせる上でサンタクロースというのは比較的害のない格好の入門教材だ。私の息子が将来的にサンタに関する真実を知った暁には幻滅を感じることだろう。しかしながら、それに伴って世間に流布しているその他の超自然的な存在に関する根拠の乏しい信念(神話)一般に対する懐疑心が育まれることにもなるだろう。

私の個人的な意見としては世の親たちは自分の子供をベイズ的な推測の世界に迷い込ませておけばいいのではないかと思うのだが、どうだろうか? 私の両親は息子である私に向かって「サンタはいる(実在している)」とは一度も言わなかった。また、「サンタなんていない(実在しない)」とも決して言わなかった。そこで私はベイズ的な推測を働かせることになったわけだが、かなり潔くと言うべきか「サンタなんていない」という信念の持ち主になるに至ったのだった。だからといって喪失感から幻滅を感じた覚えもないし、「サンタ」からのクリスマスプレゼントもずっと変わらず送り届けられていた。「クリスマスプレゼントのリクエストはどの窓口に出したらいいのだろう?」と頭を悩ますこともなかった。何か問題でもあるだろうか?

それよりも子供たちには早いうちにウォルター・ベンヤミン(Walter Benjamin)の仕事について教えるべきだと思うのだが、どうだろうか?1

99セントを支払えば購入できるアプリの「おしゃべりサンタ」(“Talking Santa”)ではアニメ化されたサンタのキャラクターに話しかけられるだけではなく、雪玉でサンタを押しつぶすこともできれば「バイオレンス」モードに設定してサンタの顔をひっぱたくこともできる。

このアプリはクリスマスの魔力を打ち消してしまう恐れがあると警告を発する社会学者や育児専門家もいる。その言い分はこうだ。子供たちがサンタを学校の友達と同等に扱うようになれば――携帯端末で短いメッセージを頻繁にやり取りしたり、呼び出したり、ツイートを返したりする相手と見なすようになれば――、サンタの特別さ(神秘性)は果たして保たれるだろうか?

アダム・スミスの「ダイヤモンドと水のパラドックス」――実のところは「ダイヤモンドと水のパラドックス」はガリレオ・ガリレイにまで遡れる(pdf)のだが――が思い出されるところだ2

私がまだちびっ子の時の話だが、「サンタ」の膝の上に座った時に「サンタ」の指を見てギョッとした記憶がある。その指には指サックがはめられていたのだ(どうして指サックなんてはめていたのだろうか? 怪我でもしていたのだろうか?) ありがたいことに、そんな日々もとうの昔になりにけり。あの当時「サンタ」と携帯端末でメッセージをやり取りすることができていたとしたら――そんなことが果たして可能な話かは知らないが――喜んでそうしていたことだろう。

  1. 訳注;おそらくは複製技術時代におけるアウラの衰退に関する一連の研究をイメージしているものと思われる。 []
  2. 訳注;「サンタ」のような貴重な存在も(アプリ等を通じて)日常的に簡単に触れ合えるようになると(そこらじゅうに溢れるようになると)その有難味も薄れてしまう(「サンタ」と触れ合うことで得られる限界効用が小さくなる)、という意味。 []

コメントを残す