経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「著名な経済学者は長寿の傾向にある?」(2009年4月6日)/ アレックス・タバロック 「モーリス・アレ」(2010年10月10日)

●Tyler Cowen, “He forgot about Hawtrey”(Marginal Revolution, April 6, 2009)1


エズラ・クラインが読者の一人であるNylundのコメントを紹介している

著名な経済学者は長生きの傾向にあるように思われるのですが、私の思い違いでしょうか?

ミルトン・フリードマン(享年94歳)、ミーゼス(享年92歳)、ジョン・ケネス・ガルブレイス(享年98歳)、ハイエク(享年92歳)、レオンチェフ(享年93歳)

・・・(略)・・・ケインズ(享年62歳)なんかは(あとはリカードだとかセイだとかいった大昔の経済学者も)例外ですが、著名な経済学者の中で80歳を迎える前に亡くなった例というのはなかなか見つからないのです。

サミュエルソンは現在90歳代だし2、ケネス・アローは現在87歳だ3。ブキャナンにタロック、コース、バーノン・スミスはまだまだ健在だし4、ゲーリー・ベッカーなんかは不死身なんじゃないかとさえ思えるほどだ5。例外(80歳を迎える前に亡くなった著名な経済学者)として真っ先に思い浮かぶのはフランク・ラムゼー(享年26歳)だ。ミゲル・シドラウスキー(享年28歳)もそうだ。比較的最近だと、フィッシャー・ブラック(享年57歳)やエイモス・トベルスキー(享年59歳)が例外(80歳を迎える前に亡くなった著名な経済学者)として思い出されるところだ。亡くなるのが早すぎた著名な経済学者の例についてはこちらの論文(pdf)を参照されたい(全部で16名が取り上げられている)。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Maurice Allais”(Marginal Revolution, October 10, 2010)


フランス人の物理学者にしてノーベル経済学賞受賞者でもあるモーリス・アレが(2010年10月10日に)亡くなった。享年99歳。アメリカの経済学者の間では「アレのパラドックス」が彼の業績の中では一番有名だが、アレは非常に幅広い分野で業績を残している博識家こちらも参照)の一人だ。しかしながら、その多くは見過ごされたままだった。彼が母国語(フランス語)で書いた論文の多くが長い間英語に翻訳されずにいたためだ(残念なことに今でもそうだ)。

アレは「金本位制」と「オーストリア学派の景気循環論」を強く支持していた一人だったということはあまり知られていない。アレは自分の論文の中でミーゼスやロスバードを引用しているほどなのだ。その証拠としては例えば彼が1987年に執筆した “The Credit Mechanism and its Implications”(George R. Feiwel(編集)『Arrow and the Foundations of the Theory of Economic Policy』に収録)を確認してみればいいだろう。アレはフランス語で書いた論文でもミーゼスやロスバードを引用しているのだ(この点についてはこちらを参照されたい)。

博識家ということからも予想されるだろうが、アレがどういう考えの持ち主だったかを整然と要約するのは難しい。その一例を挙げておこう。アレは私的所有権や市場経済を強く支持していたが、市場経済に対する社会的な合意を取り付けるための手段として移民の受け入れ制限や保護主義を支持してもいたのだ。

驚くなかれ、アレは振り子を使った画期的な実験を行い、その成果を称えて1959年にフランス航空宇宙協会からガラベール賞を授与されてもいる。アレが件の実験を通じて発見した現象は物理学者の間では「アレ効果」と呼ばれており、一般相対性理論の分野におけるアノマリー(うまく説明できない異常現象)の候補の一つとなっている。

  1. 訳注;原エントリーのタイトルは「ホートレーを忘れてるぞ」(He forgot about Hawtrey)となっているが、ホートレーも長生きした経済学者の一人。ホートレーは95歳で亡くなっている。 []
  2. 訳注;サミュエルソンは2009年12月13日に亡くなっている。享年94歳。 []
  3. 訳注;アローは今も健在。現時点(2017年2月現在)では95歳。 []
  4. 訳注;ブキャナンは2013年1月9日に享年93歳で、タロックは2014年11月3日に享年92歳で、コースは2013年9月2日に享年102歳でそれぞれ亡くなっている。バーノン・スミスは今も健在(現在90歳)。 []
  5. 訳注;ベッカーは2014年5月3日に享年83歳で亡くなっている。 []

コメントを残す