経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「過去50年間における経済学上の一番のブレイクスルー(画期的な成果)は何?」(2004年9月14日)/「半世紀前(1958年)に公刊された最も偉大な経済学の論文といえば?」(2008年6月17日)

●Tyler Cowen, “What is the biggest breakthrough in economics over the last fifty years?”(Marginal Revolution, September 14, 2004)


過去50年間における経済学上の一番のブレイクスルーは何だろうか? ノーベル経済学賞受賞者の面々の回答はこちら1をご覧になられたいが、例えばミルトン・フリードマンは「インフレーションは貨幣的な現象である」というアイデアが広く受容されるに至ったことをその候補に挙げており、バーノン・スミスはハイエクの業績に言及している。

私見を述べさせてもらうと、(過去50年間における経済学上の一番のブレイクスルーは)「インセンティブ」というアイデアの厳密にして首尾一貫した(多方面に及ぶ)応用、ということになるだろう。公共選択論「革命」しかり、プリンシパル=エージェント理論しかり、「法と経済学」(の大部分)しかり。計画経済の破綻にしてもそうだ(pdf)と個人的には主張したいところだ(計画経済が抱える問題としては「知識」の問題よりも「インセンティブ」の問題の方が重要度が高いというのが私の考えだ)。インセンティブの基本的な発想はアダム・スミスやアリストテレスにまで遡れるというのは確かだが、1950年以降のアメリカン・エコノミック・レビュー(AER)誌を順を追って試しに紐解いてみたらどれほど遠くまでやってきたか(「インセンティブ」への理解がどれほど深まりを見せているか)がわかることだろう。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Best economics paper of 1958”(Marginal Revolution, June 17, 2008)


レオナルド・モナステリオが次のように問いかけている

出版(公刊)されてから今年(2008年)で50周年を迎える(経済学の分野の)本ないしは論文の中で「これこそ真っ先に讃えるべき偉業」と呼べる業績はどれになるだろうか? (計量経済史を専門とする)私が選ぶとすればもちろんあの論文だ。そう。「クリオメトリックス(計量経済史)革命」の端緒を開いたコンラッド&メイヤー論文だ(Alfred H. Conrad and John R. Meyer, “The Economics of Slavery in the Ante Bellum South”, The Journal of Political Economy, Vol. 66, No. 2 (Apr., 1958), pp. 95-130)。ライバルとなり得る候補は何かあるだろうか?

ライバルの筆頭として挙げるべきは「資本構成の無関連命題」(いわゆる「モジリアーニ=ミラー定理」)を提唱したモジリアーニ&ミラー論文(AER誌に掲載)とサミュエルソンの「世代重複モデル」論文(JPE誌に掲載)だろう。個人的に順位をつけると、一位はモジリアーニ&ミラー論文、そして二位にコンラッド&メイヤー論文といきたいところだ。他に何か見逃していないだろうか? トーマス・シェリングのゲーム理論に関する有名な論文も公刊されたのは1958年だったような気もするが、どうだったろうか?

戦後のアメリカ経済学が成し遂げた功績はあっぱれと言うしかない。第二次世界大戦を前にして多くの思想家たち(フリードマン、サミュエルソン、シェリング等々)は実社会での経験を積みながら世の大問題(big problems)と取り組むことが求められた。それと同時に、定量的なものの見方が勢いを強め、テクニカルな分析手法の開発が進められることになった。かといって「狭く深く」への道まっしぐらだったというわけではなく、知識の広さもある程度は尊重されていたのだ。

  1. 訳注;リンク切れ []

コメントを残す