経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「20世紀のアメリカで最も急速な技術進歩が生じた10年は・・・」

●Tyler Cowen, “The most technologically progressive decade of the 20th century”(Marginal Revolution, March 12, 2009)


いつだかわかるだろうか? 経済史家であるアレクサンダー・フィールド(Alexander Field)による と(pdf)、それは(物議を醸すことだろうが)1930年代だということだ。以下に論文の冒頭から引用することにしよう。

世間一般の人々や学者の想像の中に占める大恐慌(Great Depression)の位置付けを考えると、また大恐慌の発生によって失われた(生み出されることのなかった)生産や所得、支出について何度も繰り返し強調して語られる(それももっともなことだが)ことを考えると、次のような仮説は人々を驚かせることだろう。アメリカのこれまでの歴史の上で10年間というスパンで見た場合にマクロ経済レベルで最も急速な技術進歩が見られたのは1929年~1941年であった。この仮説は2つの主要な主張を含んでいる。まず第一に、1929年から1941年にかけての時期においては政府から仕事を受注した企業をはじめとして幅広い分野で数々の新しい技術や新しい生産手法(慣行)が実施・採用されることになり、その結果としてこの間における(景気循環の山(peak)の時点同士の全要素生産性を比較して測った)全要素生産性の成長率は20世紀中で最も高い数値を記録したのであった。そして第二に、大恐慌をその内に含むこの期間中には手付かずのままとなっているあるいは部分的にしか活用されなかった生産技術(技術進歩)の貯えが蓄積されることになり、この技術進歩の貯えこそがその後の1950年代と1960年代における労働生産性と全要素生産性の改善の多くを支えることになったのであった。

具体的には次のような分野で技術進歩が見られたという。

製造業の分野では幅広い領域にわたって技術面で進歩が見られた(Michael Bernstein, 1987, especially Ch. 4)。 もっとも、織物や革製品、衣服などの古い産業の中には生産性の伸びが緩やかであったり生産性の改善が全く見られなかったケースがあったのも確かである。しかしながら、第2次世界大戦が勃発するまでの間に、商用化の程度には違いはあれど、プロセスイノベーションやプロダクトイノベーションが活発に進んだダイナミックな部門がかなりの数存在したこともまた確かである。石油化学の分野がよい例である。例えば、デュポン社(Dupont)はケミカルエンジニアリング(化学工学)の進歩を追い風にしてルーサイト(ライバル企業は同製品をプレキシガラスの名で販売した)やテフロン、ナイロンといった新製品の開発に成功したのであった(Peter H. Spitz, 1988; Stephen Fenichel, 1996)。また、この期間においては自動車のような古い産業でもイノベーションや品質改善が急速なペースで進んだ。Raff=Trajtenberg(1997)は、この10年間を内燃機関を搭載した乗り物の分野で革命的と言える改善が生じた最後の10年と規定しているほどである。ただし、技術の進歩は製造業の分野に限られていたわけではなく、中でも通信サービスや電力事業、輸送部門といった分野で目立った進歩が見られた。具体的には、電話産業の全要素生産性成長率は1929年以降大きく加速を続け、戦争に突入して以降は急激に低下することになった。また、1929年~1941年の期間における電力事業の全要素生産性は1919年~1929年の期間と比べて倍以上のペースで成長し、電話産業のケースとは異なり1941年以降も急速なペースで改善を続けたのであった。

当該の期間中においては鉄道部門―資本ストックの規模で測ると、当時の段階では鉄道部門の資本ストックはアメリカ経済全体の(資本ストックの)4分の1程度の割合を占めるにすぎなかった―の労働生産性もまた改善し、鉄筋コンクリートの使用を通じて生産の効率が大きく向上することにもなったということだ。

最後になるが、今回フィールドのこのよく知られた論文のpdfファイルのリンクを知ったのは、大恐慌からの回復プロセスについて非常に興味深い議論が展開されているこちらのブログエントリーがきっかけであったことを申し添えておこう。


コメントを残す