経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ABBAの衣装に隠された秘密」

●Tyler Cowen, “Headlines to warm an economist’s heart”(Marginal Revolution, February 17, 2014)


ABBA(アバ)と言えばスウェーデンを代表する世界的にも有名なミュージシャンであり奇抜な衣装でも知られているが、どうやらあの衣装は税の支払いを逃れるためのものだったらしい。詳しい事情を以下に引用しておこう。

ABBAが「恋のウォータールー(Waterloo)」でユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝を収めてから1今年でちょうど40年を迎えるが、そのことを記念して出版された『Abba: The Official Photo Book』によると、ABBAのあの奇抜な衣装は税制に関する法律に影響された面があるという。衣装があまりにも奇抜すぎて(普段着として)外では着れないような場合には衣装にかかった費用は税額控除できるとの法律上の規定がバンドのスタイルの選択に影響を与えたというのだ。

2007年のことだが、メンバーの一人であるビョルン・ウルヴァース(Björn Ulvaeus)が脱税の罪に問われることになった。1999年から2005年までの間に総額8500万クローネ(790万ユーロ)を脱税したとの疑いがかけられたのである。しかし、裁判の結果、ウルヴァースは無罪を勝ち取ったのであった。

裁判で勝利を収めた後、ウルヴァースは次のように語っている。「税金の取り扱いを巡る私のこれまでの行動は常に正しいものであったとの判決を聞いて大変うれしく思っています。」

この話題に気付くきっかけをくれたTed Gioiaに感謝する。

  1. 訳注;その時の模様を収めた動画はこちら []

コメントを残す