経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ティム・ハーフォード 「クリスマスにまつわるエトセトラ ~陰鬱な科学が送るアドバイス(その1)~」

●Tim Harford, “Seasonal advice from the dismal science, Part 1 of 3”(Marginal Revolution, December 20, 2005;(その2)の拙訳はこちら、(その3)の拙訳はこちら


*クリスマスカードの送付先リストなんて今すぐに焼却処分してしまえ

誰もが心の中ではわかっているに違いないが、クリスマスカードのやり取りは善意を表現するこの時期特有の手段というよりは長年にわたる抗争(あるいは応酬)(vendetta;ヴェンデッタ)のようなものである。かつてのお隣さんであるグリンチさん夫妻から送られてきたカードは遠く離れた今もなお接触を保とうとする彼らなりの真摯な努力を意味しているのだろうか? それとも「こちら側から先にカードのやり取りをやめてなるものか」という思いの表れ(一種の義務感に駆られた行為)なのだろうか? 経済学者のトマス・シェリング(Thomas Schelling)は次のような「破産手続き」を提案している。みんな一斉にクリスマスカードの送付先リストを焼き払ってしまうがよい。そうすればまた最初から始めることができる。正真正銘の善意だけに突き動かされたクリスマスカードのやり取りを一からスタートすることができるのだ、と。さあ、シェリングのアドバイスに従おうではないか。そうすれば、あなたが送るカードに苦しめられている大勢のほぼ赤の他人が救われるだけでなく、自分自身のためにあれこれ振る舞えるようにもなるだろう(もっと詳しい話はこちらを参照してほしい)。
————————————————-

*子供に火と硫黄(地獄の責め苦 Fire and brimstone)の世界を体験させよう。ただし、早めに切り上げること。

ロバート・バロー(Robert Barro)とレイチェル・マックリアリー(Rachel McCleary)によるこの共著論文(pdf)では宗教と経済成長とのつながりが探られているが、その分析を通じて2つの注目すべき結果が得られている。まず1つ目の結果は、天国や地獄の存在に対する信念はビジネスに好ましい影響を持っているということである。おそらくその理由は、天国や地獄への信念が信頼(trust)の形成につながり、その結果として面倒な訴訟手続き(あるいは事細かな契約)に頼る必要性がその分減ることになるからだと考えられる。そして2つ目の結果は、教会で過ごされる時間はそれほど有意義な時間とは言えないということである。教会でも誰かしらと接触を持つことはできるだろうが、どこか他の場所に行けばもっと生産的なかたちで(儲けにつながるような)人とのつながりを築くことができる。子供の成功を願うのであれば、子供を教会に連れていき、神への恐れを植え付けることである。ただし、一つの教会に長居し過ぎてはいけない。あちこちの教会を巡るべきである。
————————————————-

*テレビのリモコンに対する所有権を設定せよ

このアドバイスはいくら強調してもしすぎることはない。かつてロナルド・コース(Ronald Coase)は次のように語った。交渉に伴う費用が小さくて所有権が明確に確定している状況では、共有資源の利用を巡る言い争い(いざこざ)はいついかなる時でも解決可能である、と。どのテレビ番組を見るかを巡って家族の間でいざこざが起こる理由は、何よりもテレビのチャンネルを選ぶ権利を誰が手にしているのかがはっきりしないためである。いざこざを鎮めるにはこうすればよい。まずテレビのリモコンに対する所有権(リモコンをコントロールする権利)を誰か一人に与え、その後大体30分ごとにチャンネルを選ぶ権利をオークションにかけるのだ。そして最も高い値段を付けた「入札者」にチャンネルを選ぶ権利を与えればよい。誰がリモコンの所有権を手にするかは大して重要ではない。誰がリモコンの所有権を手にしようとも、最終的に選ばれる番組は同じになるはずだ1 。ところで、私の家では番組選びは家長(paterfamilias)に任せる決まりになっている。
————————————————-

アドバイスの続きはまた明日。

  1. 訳注;いわゆる「コースの定理」 []

コメントを残す