経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

デビッド・ベックワース 「第一次世界大戦の見過ごされがちな遺産 ~再建金本位制とヒトラーの台頭~」(2014年7月28日)

●David Beckworth, “The Other Important Legacy of World War One”(Macro Musings Blog, July 28, 2014)


第一次世界大戦がその幕を開いたのはちょうど100年前の今日(1914年7月28日)のことである。100周年ということもあって第一次世界大戦それ自体についてばかりではなく、あの戦争がその後の時代にどのような影響を及ぼしたかについてもあちこちで議論が沸騰している。NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)で放送されているOn Pointでもちょうど第一次世界大戦がテーマとして取り上げられており、移動のついでに先ほどまでずっと耳を傾けていたところだ。番組の司会を務めるのはトム・アシュブルック(Tom Ashbrook)。歴史家をはじめとした複数の専門家に話を聞くという作りになっているが、大変面白い内容で多くの事を学ぶことができた――例えば、現在の中東やウクライナが抱える問題の根源の一部は第一次世界大戦後に着手された国境線の画定にまで遡れるらしい――。移動のお供としてこれ以上のものは望み得なかったことだろう。

ところで、指摘しておきたいことがある。上で紹介した番組でもそうだったし、第一次世界大戦開戦100周年に絡めて語られるその他多くのコメントのどれにしてもそうなのだが、第一次世界大戦が国際通貨制度に刻み付けた重要な遺産のことがすっかり見過ごされているのだ。第一次世界大戦は1870年から1914年まで続いた国際金本位制(古典的な金本位制)を粉々に破壊することになったが、終戦を迎えるや世界各国は相次いで再び金本位制に復帰した。1914年以前までの国際金本位制は比較的うまい具合に機能していたが、戦後に再建された国際金本位制は大きな欠陥を抱えていた。1930年代の大恐慌(Great Depression)があれほど深刻なものとなり世界中を巻き込む国際的な現象ともなった原因は再建金本位制にある多くの論者〔拙訳はこちら〕が口々に語っているものだ。それだけではない。1930年代の大恐慌はドイツにおいてナチス党を権力の座に押し上げる重要な触媒の役割を果たしたと語る歴史家もいる。例えば、バリー・アイケングリーン(Barry Eichengreen)&ピーター・テミン(Peter Temin)の二人は共著論文(pdf)の中で次のように語っている。

ナチス党が台頭した原因をめぐってはこれまでに数多くの議論が巻き起こり、その過程で大量のインクが消費されてきた。ドイツの経済状況とナチス党の選挙での躍進(得票数)との間の関係をめぐって競合する仮説が提示され、擁護と反駁が繰り返されている。しかしながら、「ナチス党は大恐慌と浮沈をともにした政党である」という点についてはある程度疑い得ないところだと言えよう。ナチス党は1920年代の段階では泡沫政党の一つに過ぎなかったが、経済状況(景気)の悪化に伴って多くの票を集めるようになり、1930年の総選挙では第2党に躍進するに至った。1932年に行われた最初の総選挙ではさらに議席を伸ばす格好となったが、経済が改善傾向にある中で行われた(1932年の後半に実施された)2回目の総選挙では議席を減らすことになる。パネルデータを利用した最近の研究の一つによると、仮にもっと早い段階で経済が改善傾向に向かっていたとしたらナチス党の得票数はもっと少なかったに違いないとの結果が示唆されている。ワイマール共和国の政治指導者たちの間で交わされる政治的な駆け引きに揺さぶりをかけるためにはナチス党は最低でもどれだけの議席を得る必要があったかを明らかにしてくれるような(政治プロセスを巡る)理論モデルは残念ながら持ち合わせていないが、どんなモデルであれほぼ異口同音に次のような結論を出すことだろう。ドイツの経済がもう少し調子がよかったらナチス党に対する有権者の支持もそこまで高まらなかっただろうし、ひいてはヒトラーが首相に任命される確率も低く抑えられる格好となっていたことだろう、と。

欠陥を抱えた戦間期の(再建された)国際金本位制は第一次世界大戦が生み出した問題の中でも最も重要なものの一つだと言えよう。再建金本位制は大恐慌をもたらし、大恐慌はナチス党の台頭ひいてはもう一つの大戦(第二次世界大戦)を誘発することになった。第一次世界大戦の大いなる教訓、それは国際通貨制度の設計はものすごく大事な問題だということだ。

今回の話題と関連するエントリーとして “The Gold Standard Was an Accident of History”〔拙訳はこちら〕もあわせて参照されたい。

(追記)Francesco Lenziがツイッターで興味深い図表を掲げている1。以下がそれだ。ヒトラーの台頭を後押ししたのはワイマール期のハイパーインフレーションではなく大恐慌なり。この図表はそう物語っているのだ。

  1. 訳注;横軸は年度(1924年~1932年)、縦軸(左)は失業率、縦軸(右)はナチス党の選挙での得票率。灰色の折れ線はドイツ国内における失業率の推移を表しており、赤色の四角はそれぞれの年度におけるナチス党の選挙での得票率を表している。 []

コメントを残す